読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

こたつの思い出

 おはようございます。

 大阪の空は曇っていて、寒い、です。

  部屋でこたつに入っているのが幸せです。(^_^;)

 

 こたつは最大の発明だなあ……と思います。

 アンナプルナのベースキャンプ近くの宿にもこたつはあって、火のついた炭を投げ入れていた……部屋いっぱいの大きさの掘りごたつで、外人も濡れた靴下を脱いで、干していた。

 

 寒いとぼんやりといろんなことを考えてしまう。

 

(リンクさせていただきます。感謝)

ashiato-note.com

 13年前に行ったはずなのに、ほとんどのことを忘れた。その時、持って行った「地球の歩き方・ネパール」も捨てたし、写真も捨てたから。

 探すと、インド・ネパールの旅の日記が出てきた。それを見ている。2002年9月2日から歩き、11日にABC(アンナプルナベースキャンプ)でマチャプチャレ、アンナプルナ連峰を見ている。15日に「ポカラに帰る日だ」と書かれてある。 

f:id:san-sai:20151205103452j:plain

 懐かしい。このときは元気だったのか。いや……どういうんだろう、「これで、やりたかったことをやったので、思い残すようなことはないなあ」と思っていた。

 それでも65歳になって、自分の詩を書きたいとか、ギターをちゃんと弾いてみたい(練習せよ!^^;)とか思っている。人の欲望は限りないものだ。

 

 底辺で稼ぎながら、自分がしたいことはしたかった……それができているから、いいかと思う。

 みんな、そうだと思う。みんな自分の理想や願望を実現していく。夢をかなえるように努力している。

 そんなことを思うと、怠けていてはいけないな、と思う。

 

 インドへ、なにもわからず行ったときは不安だった。あのときは3ヶ月で15万しか使ってない。9万円が航空運賃だ。今なら、物価も上がって大変だろう。

 

 人生、なんとかなる。

 なんとかなってきた、と今は、思っているんです。

 

 水木しげるさんがいったように、「好きなことをしなさい」だよな、と思う。世間とか社会に囚われるな。金がなくても、好きなことをすれば自由になれる。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 また、思い出を書きます。

 詩のカードから、です。

 

【比喩の有り様】

 引用です。

平凡な会話のように

低く続く

家並み

  どなたの詩なのか、忘れました。すみません。引用させていただきます。正確な表現でないかもしれないのですが……

 

 これを読んだときに、すごく感動したのです。物質的なものと、抽象的なものとが比喩されることで並列されていると。比喩ってこうでなくちゃ、と思いました。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。