読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

脳科学って、興味がある

 

 おはようございます。

 お昼は暖かいと感じる陽射しですが、朝のうちは寒いです。大阪の気温7度ぐらいで寒いといっていたら北海道の人に申し訳ないんですけれど。

 

 水木しげるさんの訃報を聞いて「妖怪を好きな人も亡くなるんだな……」と思って、その気持とか心理を考えていたのでした。そして脳科学のこの記事を読んだことを思い出したのです。

 

 独り暮らしなので、図書館に行くか買い物ぐらいしか出かけません、それが悪いらしいんです。歩くのがいちばん脳の働きを良くするっていうことです。運動が大切なんです。 

 

ブレイン・ルール [DVD付き]

ブレイン・ルール [DVD付き]

 

 


『ブレイン・ルール』 ジョン・メディナ博士 - YouTube


ブレイン・ルール 1:運動 - YouTube

 

……などの動画を見ました。

 おもしろい。アメリカ的なハウツーものだけれど、うなづけるのです。わかりやすく作ってあるんでしょう。

 その考え方をプレゼンテーションに利用できる、応用できると考える人が多いようです。「脳っていうものはこんな風に受け取っているんだ」ということが分かれば、人とのコミニケーションに役立つ……と。

 

 ぼくは脳科学とか心理学には興味があるけれど、眉唾っていうか、疑問も持っていなければならないと思っています。

 レビューを読むと、

 巷では「こうすれば脳がよくなる式の断定的な主張」(p12)がはびこっている。しかし、分子発生生物学者であり、脳の研究をしている著者の立場からすれば、そのような「断定的主張」は疑問である。実は、脳のことについては、わかっていることは少ないが、確からしいこともいくつかある。著者が研究した確からしいことを示すとともに、そこから著者がひねり出したアイデアを一例として提示し、あとはこの本の知識を手がかりとして、読者が考えてほしい。

 というふうに著者はいっているらしい。

 

 たしかにそうです。

 人間って、自分自身さえ何なのか、わかってない。

 

 ぼくは、人が新鮮に新しく感じるものは、すでに在ったもの、多くの人が体験してきて結果的にこれなんだ、というものだと思うのです。常識をはずれて新規な発見などないと思っています。

 

 でも、脳はこんなことを考えているんだ、とか、こう感じているんだ、と気づくことは新鮮な驚きです。科学ではなく気づきだと思う……

 

        …………         …………

 

 お昼は暖かい。

 部屋にいるより、外に出るべきだ、と思いました。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードからです。

 

【観念的・抽象的なテーマは……】

 具体的イメージを作り、描写することで詩にする。

 

 詩人は「幻を見る人」でなければならない。

          (偉そうな言い方ですみません)

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。