読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

政治のことを考えていたら、限界集落のことが頭に浮かんだ……

 おはようございます。

 大阪の空は曇りです。夕方には雨になる予報が出ています。

 

 大阪知事市長選は、NHKラジオが昨夜8時のニュースで、出口調査による大阪維新の会の勝利を予想しました。ニコニコ動画で開票特番を見ると、すでに勝利会見が始まっていました。

 その後、知事は松井氏、市長は吉村氏の当選が確定しました。

www.sankei.com

www3.nhk.or.jp

 

 これからも以前と同じように、市議、府議会では敵対関係の党派とのしんどい交渉があるだろうけれど……それでも改革は必要なので少しでも前に進んで欲しいと思います。このままの現状ではやっていけないことは誰もがわかっているのですから。

 二重行政の解消だけではありません。

 津波対策とか、建物の耐震化とか以外にもやらなければならないことが山積している。

 いままで、利権を貪ってきた組織を優遇してきた税金の無駄遣い処理の問題もある。

 大阪の経済が活発でなく景気が悪い、というのはずっと指摘されていたことです。税収が減り、財源も不足している。

 大阪の庶民が生きづらくなっている……ようです。ぼくは老人のひとり者なので細かいことはわかりませんが、じっさい、大阪で生活していて楽しいという感覚がなくなっているのじゃないか、と思うのです。

 

 

 これは大阪だけではないようです。

 地方も疲弊しているし……限界集落は増え……

www.tochikatsuyou.net

 このサイトの解説を読み、問題点がわかった気がしたのでよかったです。

 このまま時が経てば、限界集落は減ってゆく→老人は死に、集落がなくなるから。それはひとつの帰結なのですが……それでいいのか、と思います。

 

 地方だけでは打つ手がない、現状なのだな、と思うのです。

「地方創生」というスローガンや構想もいいけれど、経済効果だけを重視すると、単なる税金のバラ撒きで活性化を図るということになりかねない。

 地方に、「こうあってほしい」という中央目線じゃなく、国全体がどうあるべきか反省する視点が必要だと思います。どんな国でありたいのか。どんな暮らしをしたいのか。

 

 いや、こんなことを書いても、建前に終わってしまう……

 

 専門的にそれに取り組んでいる人たちは、そういうことはすでに踏まえて、最悪の事態にならないように計画、立案しているでしょうから。

 じっさいに取り組んでいる人は苦労していると思うのです。ぼくのような部外者が、的はずれで抽象的なことをいうのは控えるべきだと思うのですが……

 

     …………          …………

 

 でも、世の中というのは、どうしようもなくなってから改革に着手することが多いのです。

 

 そうなるのは、巨大な組織が社会のシステムを構成し、社会を支配し動かしているからだろう、と思います。

 今ある組織とか、それによって作られた規則とか基準は、変化するのを嫌がる――というよりも、現実の急激な改革を望まない。安易に変わらないようにするために作られている、それが本質だろうと思うからです。

 

     …………          …………

 

 どんなことにも、人間が関わっている限り、利権が最優先になる。既得権を守ろうとする、そういうものだろうと思っているのです。

 間違っているかもしれませんが、ぼくが、これまでの人生で、社会とか人の動きとか見てきた限り、そんなものだという諦めの思いから逃れられません。

 

      …………          …………

 

 考えてみれば、ぼくが子供の頃から、集団就職とか三ちゃん農業とかの言葉があり、地方から都会へという人の流れがあったのです。それで田舎は過疎になり、いまでは限界集落ばかりになった。

 こういうことは資本主義的な経済による国作りを進めた結果でしょう。むしろ自然な流れだったのだろうと。

 社会というものが人間にとって第二の自然なら、田舎で仕事がなければ、そこでは生きていけないのだし暮らしていくことができない……

(あくまでぼくらが享受している資本主義的な生活が、田舎ではできないということです)

 

 都会のような暮らし方はできなくても、ぼくが望む「田舎暮らし」的な不便を楽しむような生き方ならできるのではないか……

「そんなの、考えが甘い!」といわれそうですが……

 

 ぼくは、個人的には……みんなが、脱資本主義的な、脱都会的な暮らしを目指すことが、「地方の再生」になると、夢想したりします。

 

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードからです。

 

【詩を作るときに考えなければいけないこと】

 

 ●詩を作る基になることなので、動機、きっかけ、テーマについて、真剣に考える。

 

 ●どう表現したら、読んでくれる人にうまく伝わるだろうか?

 

 ●描写について

 ●スタイル、構成について

 ●視点について

 

 

 これは、言わずもがなのことですが……常に、これらのことに注意、意識することを心がけるのがいいと思ったので。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。