読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

お酒を飲み過ぎてしまう……

 おはようございます。

 

 雨降りの空です。時々、小雨が降って……

 

 一周間ほど前から、「禁酒しよう!」と思っていたんだけれど、どうしても飲んでしまう。もう歳なので、酔うような飲み方をしないようにしているのですが……それでも、ほろ酔いみたいな気分が、気持ちいい――っていう思いから離れられない。執着なんです。仏教はお酒を禁じているんです。

「自分自身でおれ」「自分を見失うな」という教え、なんでしょう。

 

 飲み続けると理性をなくし、とんでもないことをしてしまう、自分で責任を取れないことをしてしまう。そんなことがわかっていながら……飲んで、ほんわかした気分になりたい。人って、いや、自分はどうしようもない奴です。

 

 

d.hatena.ne.jp

  検索して出てくるこのサイトが、スッタニパータの言葉が引用されているので、いいなと思った。

 

 

 アルコールを飲むのは逃避です。現実の自分から逃れたいために酒を飲む。

  • たぶん、「辛さ」を忘れるため。
  • 過去の辛い思い出とかを忘れるため。
  • 現実の苦痛、面倒を、酒を飲んだ勢いで飛び越したい。酒を飲めば、気を使わず、ダッシュで、やり抜くことができる。(ちゃんとしたことはできないのですが……)

 けっきょく、酒を飲んでも何もまともなことは、できない。辛さを忘れた気分になるだけで。

 

 ぼくは気弱で、内向的で、内弁慶で、初対面の人とは打ち解けにくい。人間関係が苦手なのです。なにを話していいか、わからない。

 それで、酒が必要だ、という思いで過ごしてきた。

 いまは独りだから、他人と付き合わないから、そんなに酔う必要もなくなったけど。

 

        …………        …………

 

 ひとりでいても酒を飲みたくなるのは、寂しさを紛らわしたいからか。

 

 けっきょく、自分が打ち込めるような生きがいを持ってないから、手持ち無沙汰になっている……

 

 酒との距離をとるのは、難しいです。(^^ゞ

(いまのところ、誰にも迷惑をかけていないのでいいとしますが)

 

 

 禁酒しようと思ったのは、飲み過ぎて二日酔いになった日があったから――こんなに身体がしんどくなるんだったらやめようと思ったのです。飲み過ぎはよくないです。

 

 

 人間って、自分から逃避するのが好きで、自分から逃げ出したい。

 自分がいる環境とか枠から……縛りから……自我から、逃げ出したい。解放されたいんだと思う。

 どれだけ逃げても、自分に還って来るだけなのに。自分から逃れられないのに。

 

 だから、酒とかの、感覚を狂わせる、自己破壊の薬物を摂取するのはやめて、自分を見つめる静かな時間を持つのがいいのかも知れない。

 いままで何十回も禁酒を繰り返してきた。

 それはいいことだといえるけれど。

 お酒を飲むよりも違う、有意義なことをしたほうがいいのだ。

 

 反省をこめて……

 

 

 

(もっと違うことをメモっていて、それを書こうかと思ったんですが……理屈っぽくなるのでやめました。なぜお酒を飲みたくなるのかを考えたかったのです…… m(__)m )

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから。

 

【モチーフの見つけ方】

大状況←→小状況

公的 ←→私的

自然    ←→人間

未開    ←→文明

対象物←→主体

  • 対立・対比・補完関係にあるものは、モチーフになりうる。関係のなかに置くこと。

 

(自分が思いついたことを勝手にカードにメモっていることなので、間違ったことをかいているかも知れません)

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。