読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

みかんについて思うこと

 おはようございます。

 今朝の大阪の空は雲がないのですが、まだ、晴れていません。すこし、寒い。お昼は快晴になって気温が上がり10月下旬並みになる、ってラジオでいっています。

 

 一昨日、書こうとしたのですが、いろんなことがあり遅くなってしまった、「最近、みかんを食べている話」をします。

 

 みかんはおいしい。いまの時期、いちばんおいしい。

 スーパーで見かけたら買っています。

 

 ぼくは、こたつを机代わりに使っていて、一年中、出しっぱなしなんですが……(いまはこたつ布団をかけて、寒い時はヒーターのスイッチを入れているので)

 そこで食べるみかんは最高に美味しいです。

 指が黄色くなるので嫌がる人もいますが、皮を剥くのも楽しい。一連の作業がほっとする気持にさせてくれる。

 そんなに大きくないほうがいいな。ちいさいほうが可愛くて、すこし甘酸っぱいのがみかんらしくて微笑ましい。

 

 昔、西国観音霊場を自転車で、巡礼したのを思い出します。(21番の穴太寺からは自転車が壊れたのでバイクで回りました)そのときの和歌山での有田のみかん畑を思い出します。小さなみかんは畑に捨てられていて……ひとつもらって拾って食べたけれど、おいしかった。カラスとか鳥の餌になるんだろうなあ、規格外で捨てるしかない。

 国道には無人の販売所があって、みかんが袋にいっぱい入っているのが100円で買えた。それをほうばりながら自転車をこいだ。

 

 昔、みかんは、冬の定番だった。

 家族でこたつに入り、みかんを食べながら……話をしたり、ゲームをしたり……

 もう、そんな家はないのだろうなあ、みんな家族がばらばらになって、ひとりひとりが好きなことをして、集まってなにかすることもない。

 そんなふうに思うのは、間違った認識だろうか。

 

 みかんの売上は……

 

日本産みかんの売上げが堅調 ‐ 味と外見でローカル消費者を魅了 | 市場・トレンド情報 - 農林水産物・食品 - シンガポール - アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ

(海外では好評みたいだ)

 

「みかんの需給動向とみかん農業の課題」

 難しいことはわからないけれど、このサイトのグラフだけ見ると、みかんの生産が減ってきているのがわかる。輸入の自由化とか、いろんな原因があるんだろう。

 

         …………        …………

 

 ぼくも、みかんはおいしい、と思うようになったのはここ2、3年のこと。歳をとったからか……(^^ゞ

 みかんは、家族団らんの思い出に結びついている。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから、です。

 

【詩の技巧――杉山平一「現代詩入門」から】

  • テーマを具体的な動作や物に言い換える。
  • 対比する。
  • 詩はモンタージュ ↓

     □言葉による対比、暗喩、隠喩による流れ

     □画面のカット シーンのカット

  • 誇張せよ
  • リズム
  • 感覚による物への没入体験
  • 詩は謎かけ
  • ユーモア
  • スローモーションやハイスピード
  • 日常を、分解、分析、解体
  • 夢はそのまま詩
  • 異端・怪奇

 

 前に読んだ本「現代詩入門」に書いてあったことのまとめです。カードにするとわかりやすいので。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。