読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩とは「現実」をどれだけ変容させるか、ということ (詩のカードから)

 おはようございます。

 

  いい天気ですね。いつもながら洗濯をして、干して……気持が伸びやかになります。

 

www3.nhk.or.jp

 NHKはこのようなニュースを流していますが、これは慰安婦が「日本軍に拉致されて慰安婦にされた」と話していることを根拠にして報道している姿勢だと思うのです。そうでなければ「従軍慰安婦」とわざわざ呼ぶこともないでしょう。

 日本軍が強制的に慰安婦にしたというのは事実ではないのは、朝日新聞が記事の誤りと、作り話であったと認めたとこから見ても、明らかです。

従軍慰安婦」というのは被害妄想の作り話、ファンタジーなんです。

 

 そういう妄想を信じることで、韓国にとっては「日本を責める、貶める」という外交上の国益があるのでしょうが、証拠もない、検証してもそんな事実があったということを証明できないことを、NHKがさも事実かのように報道するのは、メディアとしての資格を欠いているでしょう。何度も繰り返し宣伝すれば「嘘も真実になる」というのは、ナチスに習ったファシズムのやり方だと思えます。

 メディアがするべきことは、真実をできるだけ追求して、掘り起こし、大衆にいろんな見方ができる情報を与えることなのではないかと思います。

 

NHKの不祥事 - Wikipedia

 や、

NHK番組改変問題 - Wikipedia

を読んでみても、なんらかの偏向が認められます。

 

 こういうことを疑問に思い、検索してみると、こういうサイトが出てきました。

blogs.yahoo.co.jp

 

  ちょっと保守的な気がするサイトですが、いっていることは理解できます。

 

「報道」というのは大事なんですね。

 というのは、人の無意識の領域に入ってくるからです。

「これが正しいんだ」とか「これが当たり前」とか「現実はこうなんです」とかいうようなことが繰り返されると、人は、無批判に受け入れてしまいます。人は心理的に弱い存在なのです。

 大勢の人が信じようとする側に、自分もつく、ことが多いわけだし、常識とか規範をまず守りたいものなので、無批判に受け入れてしまう。

 

 落ち着いたときに、「自分で考えてみる、できるだけ検証してみる」ことができればいいわけですが……多くの社会の出来事は、自分が考えてもそれに影響を与えられない、動かせない、ものなので、受け入れるしかないわけです。

 でも、自分で検証して「こう思う」ということは大事ですね。自分で思うことには、自分で責任がとれるわけですから。

 

「先入観を持ってはいけない」ということは、よくいわれますが、当たり前に「理不尽なこと」「おかしいだろ」といわれることが……世間に蔓延していることに愕然とします。

 

 人が偏向するのは、どうしようもないことなのかも知れません。

 どんな見方でも、何かしら偏っているものです。

 素で、裸で、自分が心から感じるものに基づいたものを、信じたいのですが……(仏教でいうと)人が妄想に陥るのはしかたないことなのかも知れません。でも、なるべく、妄想や妄執からは離れたいと思っています。

 

 ラジオや新聞などのメディアが、自分たちが依って立つ視点で、繰り返し報道し、世論を誘導しよう、教育してやろうと思うのはしかたないことなのかも……社会に影響を与える大きなシステムの側なのですから。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから、です。

 

【詩とは「現実」をどれだけ変容させるか、ということ】

 

 世間の常識の目で見ている「現実」ではなく、「詩的現実」(ある意味、歪んだ……)を作らねばならない。

 現実の、自分の視点からの再構成。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。