読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩はイメージでできているから……  (詩のカードから)

  おはようございます。

 

 今朝は寒いです。北海道に比べたらおそらく比較にならないくらい温暖な気温なんだろうけれど……大阪人にとっては、これから「寒い、寒い」「寒いですね」という挨拶をかわして冬を乗り切っていくんだろうな、と思います。

 

f:id:san-sai:20151030085934j:plain

 森のようだけれど、四天王寺の東門の一角です。ずっと塀にそって木が茂っているのです。カラスが電線に止まっています。都会ではカラスの行き場所がないからなあ。寝るときは山に帰る、そちらに住んでいるのだと思いますが。

 

 昔、寺社や寺は当たり前に村とかの部落にあったなあ、と思い出しました。ぼくの子供の頃、55年も前のことです。小学校に歩いて通っていた。子供の足でも小1時間ぐらいはかかったから、けっこう遠かったのです。表通りに自動車やバス走っていたけれど、砂利道の裏道には馬車が通ったりしていて道に馬糞が落ちていた。そんな時代です。通う道にはお寺や神社が多かった。そんな境内でひとりで遊んだものです。

 学校はなんか居心地が良くなかった。いじめられたりした記憶はないけれど、仲間に入れてくれて……みたいなこともなかったと思う。貧乏だったし、引け目を感じていたのだろう。

 お寺や神社は隠れ家みたいなものだった。

 

 そういうものがだんだん少なくなっています。

 神社仏閣に油をまいて毀損した男はまだニューヨークにいて逮捕もされないみたいです。地方の神社やお寺で人の目が届かないところは放火されることが続いている。仏像が盗まれる事件も多いし……盗まれた仏像は、朝鮮や中国まで運ばれ、売り買いされているらしいのです。それを専門にした窃盗団もいるので、なんか対策が必要ではないかと思う。ぼくのような〈自分なりの仏教徒〉でも、仏像が盗まれたりすると、罰当たりだなと思うのです。

 

対馬仏像盗難事件 - Wikipedia

 

www.bllackz.com

 このサイトの発言は過激ですが……じっさい、仏像などの文化財が盗まれるのは、国としてなんとかしなくてはならないのではないでしょうか? さほど重要なことでもないと無視していることへの苛立ちがあるのだと思います。

 有名な寺社の文化財は防犯対策がなされているようですが……

 

 仏像などが盗まれているのは、最近の犯罪の流行りではなく、これらの記事など読むと昔からずっと続いているようなのです。

www.shikoku-np.co.jp

  韓国の窃盗団もそういう流れから出てきたのでしょう。

 

 元はといえば――生活のなかで信仰心が薄れているからか……? 地方の過疎化とか、檀家制度が維持できないとか、そういう時代の流れなんでしょうか。

 

 仏像の行方が気になったので、書いてみました。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから、です。

 

【詩はイメージでできているから……】

  • 第一のイメージ――→第二のイメージ――→第三の……と並べていくと、全体になる。

  連想を大事にする。

 ひとつのイメージは次のイメージに包括されて、全体像を露わにしてゆく。最終的な喩というイメージに到達するために。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。