読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩はひとつのシーン[場面]  (詩のカードから)

 おはようございます。

 

 昨日のWebの産経新聞の記事です。

 

 どちらも重要なニュースですが、庶民というか普通の人は見ているしかない……意見はあるけれど、そういう現実に対処する権限がないのです。

 政治の世界は、重要なことなんだけれど、庶民の感覚から離れている気がする。

 誰も争うことなんて望んでいない……

 

 政治の世界は争いの世界です。弱肉強食みたいな世界です。

 権力者がより権力を得ようとして動いているように思う。国益とか、政治上の正義、大義を名目にするんだけれど、権力を行使できる範囲に生きている人にとっては、社会のなかでそういう役割を果たすことが、個人的な自己実現となるのでしょう。重要な地位というもの……

 

       …………           …………

 

 沖縄についてぼくの感想をいえば、自分を「琉球人だ」と考えている沖縄の人は少ないと思います。ウチナンチューであると同時に日本人でもあるわけで……両方でしょう。それは北海道民だが日本人であることと変わりません。

 けれど翁長知事は、国連まで出向いて、沖縄の自己決定権が日本によって抑圧されている、みたいなことをいっていました。それは沖縄を独立させるという主張にそっていて……中国が望んでいることでしょう。中国のために反日・反米工作にいそしんでいる、としか思えないのです。

 

 (沖縄の状況がよくわかるように書かれているブログです。)

 

 それぞれの歴史観があるのはわかった上で、「沖縄は日本に抑圧されてきた」という主張は事実に基いていないと、ぼくは思っています。

 

 政治の世界は、事実と違っても、声高に主張をするほうが勝ち、になります。ゴネ得をする、そういうことが当たり前に行われる世界です。

 

       …………            …………

 

 中国もハワイまで自分の支配下に置きたい、という侵略主義の政治で動いています。それは非現実的だということがわからない。それで「太平洋をアメリカと中国で分けよう」ともちかけて、アメリカに断られた経緯があるのですが……中国は必ず計画通りに政治を進めるでしょう。そういうことをする独裁国なのです。民主主義でないので、政治の修正はできません。権力を持ったものが、独裁的にすべてを行い、下の者は従う国です。

 政治的には、独裁は、地獄のような体制だと思うのです。実際、民主化の声を上げる人は弾圧されるし、少数民族は、民族浄化政策で苦しんでいます。

 いろんな意見があります。でも、何が行われているのか、関心を持ち続けることが、いつか最善の道につながると思います。  

 中国の現状、真実は報道されることがないけれど、庶民が安心して生きられる社会ではないことは予想できます。そういうのって、「人が作った地獄」だと思うのです。

 

 いずれにしても、政治は庶民の手の届かないところにある、と思っています。そこでなされるのは利権の奪い合いです。

 

 ひとりひとりが民主主義を信じることが大事だし、民主主義で代議員を選ぶシステムに矛盾があっても、その方法しかないと思うんですね。

 民主主義はぬるま湯のようなもので、遅々として進まないように見えます。でも、それしか庶民とか普通の人の生活を大事にする道はないのだと、思っています。

 

 民主主義の曖昧さに我慢できず、暴力や、テロを願望する人もいる……でも、それで正義を主張できて満足感を得ても、自分も含めた大衆が、幸せになるかといえば、疑問です。

 

 政治のことは……いろいろ考えると、疲れてしまう。いろんな論理を展開する記事を見ることもあるし、興味を持って読んだりするんだけれど、自分がなにかをしたいとか、なにかできるとは思わないのです。

 

 それよりも、〈――なにが幸せにつながるのか〉を考えて生きていきたい。それが、ひとりのひきこもりの意見です。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから、です。

 

【詩はひとつのシーン〈場面〉】

  • 詩はひとつのシーンか、連続したシーンで成り立っている。
  • 動いているシーンであることもあれば、止まった(物思いにふけっている・心理描写)のシーンであることもある。

 

 こんなことは普通のことなんだろうけれど、詩はショットやシーンの組み合わせです。小説なんかの描写と同じ。それの、簡潔なもの。

 もちろん小説と詩は形式が違いますが、散文詩をみてもわかるように、同じようで区別できないものもあるのです。

 

 

 この詩のカードは、詩の内容とは何? みたいなことを考えていたときにメモしたものです。しばらく、同じようなことをいっているカードが続きますが――よろしくお願いします。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。