読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩は感動の中心を書く (詩のカードから)

 おはようございます。

 雲のない青空で、いい天気です。穏やかです。

 Tさんの文化住宅の横の空き地に建てられた、三階建の二世帯住宅も完成間近です。内装の段階に入っているようです。

外壁材の種類と選び方 ::: Living Design Center OZONE

 新築の壁の素材がわからないのでサイトを検索してみました。専門的な知識を少しは知っておくことも必要だという気がします。深くは知らなくていいので、なにが、現実、行われているかみたいなこと……判断の基準になります。

 

 TPPもそうですが、東芝の粉飾決算も、東洋ゴムの不正も、旭化成建材の偽装も……なんか世の中で行われていることが信用できなくなる気分です。ぼくのような底辺には関係のないことなのですが……

 

 

 何時の世も、住みにくいのが人間の世界か……

 人の世は、いつも問題があるようです。

 

 たぶん解決できる方法は、社会を変えることではなく、個人の「思い」を変える=自分の認識や意識を変えることだけです。社会が、自分の望むように変わることはないですから。

 変革や革命の思想に身を捧げる生き方もあると思うので、社会を変えたい願いは否定はしませんけれど……

 ぼくは、世界は世界で、それでいいのだ、と思っています。因果の結果が表れているだけだ、と思っています。そんなことより、どうしようもないことにこだわらないようにしたい。

 

 自分にとって、自分が生きやすいこと……

 穏やかなことがいちばんいいのですから。

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 詩のカードから――

 

【詩は感動の中心を書く】

  • 「形や日常の事実にとらわれることのない、自分の気持にいちばんピッタリ合う書き方の方法を、いかに見出すか、ということです」
  • 感動の中心をつかまえる。
  • 感動のトップから書いてゆく。(「一行目は神様が書き、二行目からは詩人が書く」という言葉があります。

 

具象 ――→   観念 ――→   再具象

(見る、感じる) (中心を定める) (組み立てる)

素材 ――→   主題 ――→   表現の工夫

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。