日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本のまとめや、検索してわかったことなどを書きます。生きることは辛いですが、何をしても生きていけると思うのです。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

(詩のカードから)――作詩のためのメモを作る

 おはようございます。

 秋も深まって寒いですね。朝のラジオ体操に行くときも、ひんやりとしていますが、夜が一段と寒くなっているようです。北海道の最高気温が10度代だと知って、もう冬に近いんだな、と思いました。

 すこし風邪気味なんですが、元気でやります。

 スターをつけていただいて、ありがとうございます。感謝しています。

 

 

 本から学んだことを書き溜めたカードを載せていきます。今朝は……

 

【作詩メモを作る】

  • 何もせずに、ただ詩が湧き出てくることなんかないんです。じっと待っていても詩の言葉が出てくることなんてないんです。
  • 書こうと思っていて、自然に詩が生まれてくることなんてない。
  • 自分は今、何を書きたいのか? 書きたいこと、を探して、具体的にどうイメージしたら描けるか? を考えること。
  • テーマみたいなものの気配を感じることはあります。こんなことを描きたいな……ということ。
  • そのために観念(何々したいな……)で、終わるのじゃなく、どう具体化できるのか、を考えていくこと。
  • 身につく、身体化というがあります。
  • 感動(心を動かされたこと)をどう具体化したら伝えられるのかを考えて。
  • ついも、アイディアとか湧き上がってきたらとりあえずメモする習慣を持つ。書こうとすることを常に意識化するために。
  • 宮沢賢治もいつも手帳と鉛筆を首から下げていたそうですし、多くの詩人が、発想が生まれたらすぐメモするそうです。

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

(ぼくの詩のカードには本の引用をそのまま書いているところもあります。著作権なんかに抵触してくると思いますが、無学な者が一生懸命学んでいると思っていただいて、どうか許していただきたいと思います。m(__)m)

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。