読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩の感想です。

on

 おはようございます。

 ラジオ体操を終えての帰り道、雨が降ってきました。夜中も雨が降っていたようですし、蒸し暑いです。

 

 昨日、「学校の授業では鑑賞の仕方があるのだろう」みたいなことを書いたので、検索してみました。「詩の鑑賞」………そういうサイトが出てくるかな、と思ったのですが………詩の授業の仕方は出てきましたけれど………

 どう鑑賞すればいいかは、学習指導要領の、そこで何を学ぶかという範囲の中に入っているようです。

 詩を「こう読みなさい」とは、言えない。そうだろうと思います。

 

  ………………      ………………      ………………

 

 詩を読んでいきたいと思います。

 

白石かずこ | Contemporary Japanese Verse………「池(pond)」

の詩はいいです、わかりやすい。

 

  • つまり、男と女………の関係

 そういうのって白石かずこさんの詩には多いと思います。人間と人間の関係。べつに男との関係でなくてもいいけれど………人との関係を詩に読むというということが多いと思うのです。

  • 白石かずこの心象風景の根源にあるのは人と人との関係だろう………

 

aoiuem's Blog: 「ハドソン川のそば」白石かずこ 現在とエロス - a Happy Blog

にも、サイトの方が書かれているように、川を歌っていながらその根源はエロスにある。それは人と人との関係から生まれる、そうでなければエロスじゃないと思う。

 

 苦しい人生の認識があっても、他人がいるから生きていられる………というのがぼくの人生観なんですが………詩に他人との関係が「エロチシズム」として歌われるというのは幸せなように思うのです。

 

 この「ハドソン川のそば」はシュールな設定から始まっていてわかりにくいですけれど、歌いたいテーマはわかるのです。人間存在………女にとっての男みたいなものだと思う。

 

 ブルージーだと思う。人生はブルースです。

 この詩では表現はシュールだしよくわからない。でも、なにを象徴してかはわかるような気がする。ブルースでは、風景が「自分のもの」に比喩されているのが多いのです。そういう意味では現代詩というよりブルースの歌詞といっていいのかも。

 

 

「眼の窓」

も、優しい男と女の詩だなあ、と思ってにやけてしまう。

 素直に、眼を窓にしたところが詩の要です。設定だけで、もう詩になっている。

 

フットボール選手」

 シュールな設定で一瞬を切り取っているのがいい。愛=ボールという比喩がそのまま生きている気がする。男と女の関係はせつないのです………そう言い切ってしまえる詩の世界は、限りなく美しいと思います。そういうロマンチックな憧れがいいのです。

 

「猿たち」

………わたしたち 人間にならなくても いいの

で、すべてわかってしまう。

 ふうむ、詩人のエロスは、自然性なんだなあ、と羨ましく思ったりします。

 

「オーム」

 オウム返しなんですね。

 ここでも、愛がテーマになっています。

 

「鯨たちに捧げる」

 そのままの詩です。鯨が即興演奏をする………

 詩人は思ったままを書いています。それでいいなと思える。

 

「ちいさな惑星」

 人間たちに蹂躙された地球のことを書いています。まったく、その通りで、地球をひとつの生命体と喩えると………ですね。

 でも、主張は観念的なので、詩としては楽しみのようなものがないです。

 

 

 ぼくは詩人のいろんな面があると知ってうれしかったのです。

 男と女だけでなく、いろんな詩が書けるのだなあと。

 それでも、基本は男と女のエロスだと思っています。

 

 

 

 白石 かずこ の詩 / < 鳥 > ( 詩 ) - 自然のなかをゆったり散歩と詩と本のはなし - Yahoo!ブログ

 

「わたしは おまえをみごもるたびに
目がつぶれる 盲目の中で世界を
臭いで生きる
おまえを失う時 はじめてわたしはおまえをみる」

 という「わたし」は、四連では、

「その時 聴衆は盲目の幾百万の羽だ
観ることのできない聴衆がそれぞれの
羽をはばかせて鳥の亡霊となり」

 と聴衆になっています。

 

 詩人にとって「バイ バイ ブラックバード」として歌うものと聴くものと、わたしとあなたが………入れ替わる………美を通して交換可能な存在としてある、ということを歌いたかったのだと思うのです。

 

 詩の行はほとんど作者の思い入れですが、心理的な状況を表現しています。抽象的な観念を具体的な比喩で………

 空想を羽ばたかすのがいいのでしょう。

 

 ………………      ………………      ………………

 

 ところで、これら。ぼくが詩を読んだ感想を書いたんだけれど………ぼくの感想ではなんの権威も重要性もないですよね。(笑)

 今日はこれだけにして、明日は、『続 白石かずこ詩集』(現代詩文庫125)の解説などをまとめてみることにします。

 

 いつも、自由に言葉を操れる=自分の言葉を信頼した状況にある、というのは、幸せだと思うのです。

 

 明日、また。m(__)m

 

 

 

 ………………      ………………      ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。