読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

白石かずこさんの詩を自分なりに読んでいきたい………

 おはようございます。

 

 白石かずこさんの詩を、自分なりに読むつもりです………と、考えながら、どう書けばいいのかわからない………

 

 詩は、どう読めば正解、なんていうことはないと思うのです。読む人の体調とか知識とかの限界もあるし、解釈するのも、自分なりの見方みたいなものがあると思うのです。詩を、文学として読むか、趣味とか娯楽として読むかの、態度によっても違うだろう。

 けっきょく、正解なんてない。正しい読み方なんてないと思う。

 でも、詩は、学校で教わるときに、国語の授業のテキストになっているから………やはり、比喩とか表現の技術とか、詩の内容をちゃんと伝えられているかとかの問題もあるんだろう。

 

 授業とか詩の入門書に書かれているのは、模範的な解答みたいです。

 それがないと、詩が共通の美学としてのコミニケーションにはならないだろうということもわかります。伝わってなんぼ、ですから。

 

 伝わるような詩を書きたい、という希望を持って、勉強していきたい。

 

  ………………      ………………      ………………

 

 ところで相変わらず、ネットで検索しながら、白石かずこの詩をどういう読み方で読めばいいんだろう、と考えていました。

 すると………こういう質問もありました。

 回答も読んだのですが、おもしろかったのです。

 

 つまり、詩に書かれている言葉を、そのまま受け止めるということ。もちろん言葉のニュアンスや、言葉に込められた意味や、表現の技術とかはあります。が、言葉を味わうということが大事なように思いました。詩に書いてあるように。

 

 

 それで、ネットで探すと、これだけ読める詩が出てきました。

 

白石かずこ | Contemporary Japanese Verse………「池(pond)」

 

http://www.poetry.jp/shiraishi6.html………「白石かずこさんの詩」

ハドソン川のそば」「眼の窓」「フットボール選手」「猿たち」「オーム」「鯨たちに捧げる」「ちいさな惑星」

 

aoiuem's Blog: 「ハドソン川のそば」白石かずこ 現在とエロス - a Happy Blog

 

白石 かずこ の詩 / < 鳥 > ( 詩 ) - 自然のなかをゆったり散歩と詩と本のはなし - Yahoo!ブログ

 

 そして、昨日リンクした………

卵の降る街・白石かずこ詩集 №25:知の木々舎:So-netブログ

砂族/白石かずこ

 

  ………………      ………………      ………………

 

 ぼくはこれらの詩を読んで………直感的に、

白石かずこさんの詩は心象風景を書いているのだな、と思いました。

(心象風景といったって、村野四郎みたいに存在論的な風景もあるけれど)

 

 現実を描写するよりも、自分の気持を言葉にすることで詩の世界が作られている。

 現実を描写する詩人じゃないのです。

 現実をモチーフにするけれど、書きたいのは自分の心理だ、と思います。

 

 詩人はみんな、現実と、自分が描く世界との、微妙な距離感を持っている、と思います。

 

 

 たぶんこれは初期の『卵のふる街』の頃から変わっていないのじゃないかと。初期の詩は、いま手元にないので読めないのですが………かって読んだ印象でそう思うのです。モダニズムであり、シュールレアリズムの手法から、詩に入ってきたのですから。

 

 これは誤読かもしれません。でも、それでもいい。自分なりに読んで、勉強させてもらいたいと思っています。

 

  ………………      ………………      ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。