読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

『詩のたのしさ』を読む 1章 詩のこころ───発見のよろこび

 おはようございます。

 

 ぼくたちが詩というものをイメージするときにいちばん近いだろうと思う、村野四郎の詩の世界を学んでいます。

 

 現代詩は、「詩はこういうもの」とういうものを否定するところで登場したので、まとまった詩論というものがありません。各人各様に、詩人たちが詩を書いているだけです。それはそれでいいのですが………こういうものというものがないので、読者にとっては近づきがたいものになっています。

 

  • 詩を書く詩人たちがエリートというか………、知識階級。
  • その詩人の詩論を理解しないと、判断できない。
  • 大衆的なものを目指していないので、支持を失った。
  • 一部のコアな「詩を書きたい人」がいて、その人たちが読者になっている。
  • つまり「現代詩手帖」に代表されるものが詩と呼ばれている。

 

 べつに、だれでも詩を書こう、みたいな、ぼくが子供の頃にあった「生活綴方運動」がなつかしいわけではないのですが。

 詩は難解になり、カッコつけたものになっていると思っています。

 

 

………………      ………………      ………………

 

 

 講談社新書の「詩のたのしさ」(嶋岡晨 1977年)を読んでいると………

 

詩のたのしさ (1977年) (講談社現代新書)

詩のたのしさ (1977年) (講談社現代新書)

 

 その目次に、詩を楽しむ要素が挙げられています。

 

  1. 詩のこころ───発見のよろこび
  2. 比喩───ことばのよろこび
  3. イメージのはばたき───絵画的要素
  4. リズムの効果───音楽的要素
  5. 詩のかたち───創造のよろこび
  6. 主題と構成───完成をめざして
  7. 技法の工夫───独創性
  8. 可能性をさぐる───実験の意味
  9. 詩人のねがい───夢の役割
  10. 詩の効用───すぐれた詩の条件

 

 

 ………………      ………………      ………………

 

 それをまとめたいと思います。

 

【詩のこころ───発見のよろこび】

 

 この世界は───客観と主観で成り立っています。

 ここで、P12に村野四郎の詩の部分が引用されているのです。

庭さきに

血を喀いた人のように

雁来紅が殪れている

            (「恢復期」部分『故園の菫』)

 

 ここで描写されているのは作者の主観だけなのですが、それでいいんだと………

 

 詩において大事なのは、主観的なものや感情的なものの見方、それがどういう理解のもとで成り立っているのか、だといいます。

 感受性を肯定すること。

 

 詩人のこころ、詩のこころとは………より深く感じること

 

 世界に対する新しい発見=気づき。

 なんでもないことだが、詩に書かれなければ、見過ごしていたこと。

 

 見えないものを見えるようにする。

 感受性の「感じる」ことは、「見えないものを、見ようとする意志」に支えられている。

 

 感じることから → 考えることへ。

 つまり感じているだけでは感傷に過ぎないので………想像力の力を借りて、詩を思考の器にすること。

 感じる。想像する。考える。

 

 

   ………………      ………………      ………………

 

 明日も2章をまとめます。

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが、穏やかで、平和でありますように。