読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

言葉で世界が作れること

 おはようございます。

 

 村野四郎の詩を読んでいます。

 とても惹かれます。

 その詩論も、態度も……たぶん、ぼくがやって来なかった態度だと思うのです。いま、ここで想像力で出逢えるのが……とても、いいと思えるのです。

 

 昨日の「農夫」の詩で──

「けっきょく、書くきっかけになるものは、なんでもいいのです。」と書きました。 

 それは、正しいと思えるのです。どんな題材であれ、詩人の手にかかると違う世界を作ることになる。そのために詩人は存在していると………

 この世界から、遠く行くために。離れるために。

 

「あの人はどこへ行ったか………暗い足どりで出て行った」は作者の心象の風景を定着しようという気持ちで描写したものです。

 

不幸の中で

唐黍の赤い房はゆれ

撫子のさいたベンチは

あの人の見えない処で草に埋れた

あの人はただ無意味の無限をひいてあるいた

もはや不幸の中でなければ

生きられなかった

 は、作者の描いた心象の風景の中に、登場人物がいます。

 それらは抒情によって歪められた世界なんです。

 それが、「時代の不幸」や「人間の持っている宿命性」を表すものなら、それはすばらしい。

 

 言葉で世界を作れる。

 いいたいのは、そうです。「言葉で世界を作れるのだ」ということ。

 

………………      ………………      ………………

 

 岩手の中学生が虐めを苦に自殺しました………

 虐めた者の卑怯な行為に怒り禁じることができませんが………この子が、言葉で世界を作れると信じることができたなら、違う世界があっただろうと思うのです。

 

 この世界は………世間は、あまりにも、苦しみや、自己中な横暴に満ちています。暴力で支配されている世界です。 救いはないのです。

 まともな感受性をしていたら生きていけません。

 

 それで、詩のようなところでは、自分の思うように、言葉で世界が作れるのだと、思い込む必要があるのです。

 

………………      ………………      ………………

 

 たかが、おしっこに行った農夫を見ただけで、世界の不幸を描ける。

 

 それがすばらしい。

 

 自分の世界が作れるし、その世界をみんなに見せて、共感を得ることもできる。それで世界が変われる………

 

………………      ………………      ………………

 

 たぶん、詩はそんな世界なんだろう。

 

 現代詩は

そうだ 出雲は 三つの顔をもつ

た巨大な生き物だつた 盲いた二

つの顔は天空に向けられ 口は裂

け 青い血が八方に噴き出してい

た 第三の顔の中央に開いたただ

一つの目は地軸を見すえていた

………

      (「わが出雲」Ⅷ 『わが出雲・わが鎮魂』 1968年)

 みたいな、言葉だけで世界を構築することも可能です。どんな言葉を使ってもいいし、それで世界に見えるなら、それでいい、というところがあります。

 

 ただ、ぼくは、言葉のインフレーションで言葉をむやみに消化する現代詩のあり方が嫌いです。言葉はもっと大事なものだろうと思うのです。

 

………………      ………………      ………………

 

 それでも、詩を書くことは、世界を新しく捉えかえすことでしょう。

 

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 穏やかで、平和でありますように。

 

 また、13日の月曜日に。

 今週は、月、火と、配信できなくてすみませんでした。