読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

映像的な意識の流れ

 おはようございます。

 

 プアプア詩の映画的なところ、劇的なところを解読しようと考えていました………日常の描写がワンポイントにとどまっているのに、自意識の描写が延々と続く、その理由を知ろうとして………

「意識の流れ 詩」で検索したら、このサイトが出てきました。読みましたが、おもしろかったのです。 

    意識の流れ - アンサイクロペディア

 

 ここまで露悪的に捉えなくてもいいだろうとは思いますが、意識の流れの手法が、日常性の破壊、言葉の通常使用の破壊に結びついているのは確かだと思ったのです。

 

      ………………        ………………

 

   「私は悲しみに液化した処女プアプア」

 

時点は常に目覚める前で 

悲しみがしたたる

行き違いは仕組まれたな

仮病もきかず

業務上起床する

しかしながらプアプアは既に私の男根をねらっていて、私はポリエチレンの洗面器に接触して直立する(註1)

私は直立を大切にする

戦闘に必要な砂漠の花がある

プアプアは歯歯歯をむき出した乳房を無数に光らせる処女なのさ

砂漠の分業はトースターに始まってベア闘争に終わる

パシャリとシャッターは落ちてすぼみかけた口はそのまま永遠に

愛してるわ沸いてるくわえてやる

これが起床前の家内です

私は業務上直立に直立する

朝の六時 プアプアちゃんプアプアちゃあん 逃げる男は泪ふき取り

会社には行かないよ

………

 と、この詩の最初の部分を引用してみました。

 すでに始まりから意識の流れで描写されています。具体的な日常のことは推測でしかわかりません。意識を描くことで詩を作っているからです。 

 つまり、意識を描くだけでは具体的なことはわからないのですが、それが現実の混乱を暗示しているのです。

 

 ここでの意識の流れは→映像的だ、ということがわかるでしょうか。

 目覚め────起床────直立────砂漠────花────歯────トースター────口………

 

 映像的なものは裏にあるストーリーを引き出します。

 作者が言葉の意味とかにこだわって、抽象的な概念の描写をする限り、言葉はそのままであり、うまく読者に届くかどうかはわからないのですが、映像的なものは、暗示的なので印象に残ります。映像は映像で終わらず、比喩として作用するからだと思うのです。

 

 ここに、プアプア詩が映像的に展開されているという理由があると思うのです。

 

 基本、どんな意識の底の言葉をつぶやいてもいいのですが………映像的でなければストーリーが続けられない。

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 プアプア詩は劇です。映画といえるものです。映像的なメタファーを駆使した物語りなのです。

 

 そして日常を破壊する言葉をまき散らしながら、意識下の劇としておもしろいというスタイルを作ったのです。そこでは〈私〉作者も登場人物に過ぎません。虚構に過ぎない詩の世界で演技する………そのことで………

 

 日常を描写することなく、むしろ意識下を描くことで日常性を破壊する〈革命〉と呼ぶべきものだったと思うのです。 

 

         ………………    ………………

 

 プアプア詩では自意識が暴走する………いや、させられる、でしょう。自分が意識する目の前にあるものから連想するものを、次の意識として捉え、その形を映像的に描写することになる。意識の底から沸き上がる記憶も定着させて………

 

 プアプア詩はあの時代の実験映画に通底しています。

実験映画、松本俊夫、金井勝、寺山修司、三島由紀夫

 こういう映画のシーンやカットと同じように………詩も、言葉も、その時代の雰囲気の影響を受け、また時代を作り出しているのです。

 

 プアプア詩を読むことで、詩はどう描いてもいいんだ、という確信を持つことができました。

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 プアプア詩については、これで終わりです。

 明日から、詩集「やわらかい闇の夢」を読みます。

 読んでいただいて、ありがとうございました。