読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

受動態(見る視線)

 おはようございます。

 書き忘れていましたが、取り上げている本は「現代詩文庫22 鈴木志郎康詩集」(思潮社1969)です。

 

 

「新生都市」という詩について書いてあるサイトです。

aoiuem's Blog: 「新生都市」鈴木志郎康 おぎゃーの詩 - a Happy Blog

 

      ………………      ………………

 

 この文庫の作品論・詩人論のところで、飯島耕一が「鈴木志郎康と『それから』の代助」というタイトルで作品批評を書いています。正鵠を射たエッセイです。

「サレテ・ムーシ地方紀行」という詩について………漱石の「それから」の文体との類似を語っています。これらの作品では外からのものが〈受動態〉で感受される。描写から作者や主人公の主体性が抜け落ち、〈受け身で感覚される描写〉になっていると指摘しています。

 ここでは「サレテ・ムーシ………」と「新生都市」が引用されています。

 

 プアプア詩に至るまでに、作者の主体性の在り方が受動に押し込められていたということは重要な事だと思います。

 後に、プアプア詩で作者の主体は、猥雑、破壊の様相で登場してくるのですが………

 

  他の詩も見てみます。

   「疲労回復」

私はさわってみた

私は鼻をきかせてみた

私は耳を澄した

私はよおく見た

風の中であった

風の流れは風景を屈折させていた

そのために枝を張った孤立樹の幹は折れていた

葉はすべて裏を白く返してはためいていて飛び立った

………

       ──── 略 ────

 

 

    「立像」

鉄が匂うプラットホームの上にいたとき

曇っているか晴れているかわからない程淋しかったとき

一人の長身の男が持って来て手渡して行ったのは

四角く切り取られた女の尻の肉であった

その厚みのあるラードのように白いコンニャク質の肉は

………

      ──── 略 ────

 

       

「立像」では、よりシュールになっていて意識下の事件のように描かれるのですが、文脈が受動態であることは同じです。

 やはり、この詩集では、すべてのモチーフの想起は受動で始まっているようです。

 

 それは単に物を描写する視線でも一緒です。

 

   「屍体」

土は水を含んでいなかった

その土から植物は芽生えなかった

その土の上を動物が行きかうことは稀にもなかった

その土の表面は風の中に混ることがあった

………

     ──── 略 ────

  この屍体は女なのですが、こういう想像の現実にはありえないものを描いても作者の視線は見ることにとどまっています。受動的なのです。

 

 それが、プアプア詩で現実を蹴散らすように、妄想の世界に踏み込んで行くことになる………なぜ、そういう転換ができたのか、知りたいと思います。

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。