読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩作法────リフレインの快感

 おはようございます。

 

「女性身体とエロスを読む(その3)」に書かれている伊藤比呂美論は素晴らしい。イタコやシャーマンが持つリズムや呼吸を、詩に取り入れた意味について書かれてある。教えられました。

 

 

 ところで、

反復・反復法(別名:くり返し・くり返し法・リフレイン)

という検索結果が出て来たので、見に行きました。

 

というマンガのせりふを扱うサイトでした。詩とは関係無いように思いますが、佐藤信夫の「レトリック事典」などもベースにしていて、広い教養に基づいています。こういうことを知っておくのは無駄ではないと思いました。

 

       ………………       ………………   

 

で、書かれていることは、詩での使い方です。非常にわかりやすいです。

 

 

「金子みすゞ詩作品の表現特性」

というサイトもいいです。ぼくは金子みすゞが好きなので、このリズムの研究に、思わず頷いてしまいました。納得しました。

 

 いろんなサイトで勉強することが出来ます。それぞれのサイトを作られた方に感謝します。

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 ほんとうは『テリトリー論2』の「カノコのしっしんを治す」という詩を読んで、リフレインの効果というものを考えたかったのです。

 でも、ぼくが下手にいうより、もうすでにわかりやすい解説があります。

 それで、詩を抜書き引用したいと思います。

 最初の行から

あまいうしのちちたちがわたしをふとらせる

むすうのたまごたちがわたしをふとらせる

にくずれるまめたちがわたしをふとらせる

 と、始まります。

 次は「ぬれる」です。

ほとばしるわたしのちちでカノコがぬれる

カノコのほおがぬれる

カノコのくちびるがぬれる

カノコのあごがぬれる

 

 反復している言葉を書いてみましょう。

  • ふとらせる(1~5行)
  • ぬれる(6~9行)
  • ふとり(12~14行)
  • ふとらせる(20~21行)
  • カノコの(22~33行)
  • カノコ(36~39行)
  • あおいあざ(40~47行)
  • カノコ(50~53行)
  • アレルゲン(53~56行)
  • カノコの(56~76行)

ということで、この詩はほとんど、同じ言葉を繰り返し使うことで成り立っています。同じ言葉が出てくることでリズムができ、リフレインされることで意識がそこに集中していくのです。

 

 ぼくは「カノコ」と繰り返されるこの詩を読んで、泣いてしまいました。赤ちゃんへの親の愛情を感じたから………

「ああ、いい詩だな」と思ったのです。

カノコのひたいにししんができる(22行目)

カノコのほお

カノコのくびすじ

カノコのしで

カノコのあご

カノコのあごにあるあざ

カノコのあたま

カノコのはなのあたま

カノコのおなか

カノコのおしり

カノコのまゆげ

うしのちちのタンパクシツ

むすうのたまごのタンパクシツ

にくずれるまめのタンパクシツがアレルゲン

カノコのぜんしんにしっしんがひろがる

カノコいい子

カノコとてもいい子

………

………

 

 

 

 リフレインされる快感があります。

 同じところに意識が注がれることで、その意味が深まっていく。

 詩の技術として、非常に重要なんだ、と思います。

 

 

………………       ………………      ………………      ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。