読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「詩的思考のめざめ」を読む 3

おはようございます。

 

 6章は萩原朔太郎「地面の底の病気の顔」を読んでいます。タイトルは、品詞が動く、です。

  • 内容を理解しようとしないで、詩を読んでみてほしい。
  • つまり名詞(概念的なもの、思想を表すもの)を頼りにしないで詩を読む。
  • 意味がわかることを目標としない。
  • 動詞を味わう。
  • それが表現しているイメージを味わう。気配。動き。
  • 動詞に注目して読んでみれば、イメージの文脈がわかる。
  • どこにかかるかわからない形容詞の数々。
  • 反復によって歌の振りをする。
  • この詩はなにを目指しているか。

 

 言葉にすごく敏感になることで、より読み取る世界が広がる、と著者は書いているのです。

 

 7章は伊藤比呂美「きっと便器なんだろう」を読みます。

 描かれているのは性行為なのですが、女の視点で、自分を対象化してくる相手を見返していく、その心理の戦いに似た情景を描いているのです。接近戦………とでもいうべきもの。そして言葉は外に向うだけではなく、内部へも向うので………過去の記憶が蘇ってきてつぶやきに似たものになってしまう………言葉が歪んでいく………その「快楽」を伊藤は詩にしている………と、書かれてあると要約したいと思います。 

 著者がいいたかったことはもっと微妙な言葉に関することなのですが………それは本を読んで下さい。うまくまとめられないので。

 

 8章は、「私がいない」というタイトルで、西脇順三郎の「眼」を読んでいます。

 詩は七五調の文語体から脱皮し、口語自由詩となってからも、自我=語る私が問題でした。

  • 西脇順三郎は「私」を消す。
  • 言葉を加工しないで使う。つまり、リアリズムに興味がない。
  • 体言止めの名詞────物の世界を表現する。
  • 西脇順三郎の詩には西欧の神話や儀式、形式に憧れているところがある。

 

 9章は、「型から始まる」という目次です。田原「夢の中の木」を読んでいます。

 

  • かって「詩の型」という入れ物は共同体の共通の認識としてあった。
  • この詩は四行、四行、四行という連で構成されている。
  • 型は、反復、リズムを作る。
  • 「百年の大木=緑色の歯」と連想してしまう自分に対しての驚きがある。
  • 「~は」と名付ける主体性が表すもの。

 

 10章は「世界に尋ねる」というタイトルで、谷川俊太郎の詩を取り上げています。

 

 谷川俊太郎は「なぜ彼の詩はこんなにもわかりやすいのだろう」と思わされる詩人です。

  • 言葉の平明さ。
  • いろんな仕掛け、技。
  • 常識的な縛りを離れさせる。
  • 「問い」を発する。その方法。

 

谷川は詩を信じていない。言葉に匂いを発散させるような現代詩のあり方から距離をおいているということです。(P200)

 

………………       ………………       ………………

 

 じっさいは読み応えがあり、詩とは何かを考えながら読む本です。簡単にまとめることは無理だと思いました。

 詩の様々なスタイルに、太刀打ち出来ないな、と感じさせられたりするのです。

 それでも紹介だけはできたので、満足です。ぜひ、読んで下さい。お勧めです。

 

 読みにくい不明な文章を読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日。