読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「詩的思考のめざめ」を読む 1

on

 おはようございます。

 

 

詩的思考のめざめ: 心と言葉にほんとうは起きていること

詩的思考のめざめ: 心と言葉にほんとうは起きていること

 

 を読んでいるので、まとめたいと思います。

 「なか見!検索」で目次と最初の4章まで読めます。

 

 それでも、目次が内容を簡潔に要約されていると思うので、書いておきます。

Ⅰ 日常にも詩は〈起きている〉────生活編

1章 名前をつける

2章 声が聞こえてくる

3章 言葉をならべる

4章 黙る

5章 恥じる

 

Ⅱ 書かれた詩はどのようにふるまうか────読解編

6章 品詞が動く

7章 身だしなみが変わる

8章 私がいない

9章 型から始まる

10章 世界に尋ねる

 

  この Amazonのぱすと~るさんのレビューを読んで「まいった!」と思いました。すごく、わかりやすい。そうなんだ、と思える。ぱすと~るさんはたくさんのレビューを書いておられます。それぞれがすばらしい。 

 

詩心を得れば、もう少し愛される言葉を綴れるのでは、という下心。

まず、詩は、子どもの時にぼくらが持っていた世界への緊張感や興奮を喚起。

つぎに、詩は、何かに名前をつけたいという願いとそれができないことの葛藤。

そして、詩は、詩人の意志や意図に縛られない言葉の列挙。

それから、詩は、歌のようにまわりを信頼して意味明瞭な言葉をのびのびと発することではなく、むしろ、そうやって歌うことへの疑念。

それと、詩は、内容や意味を読むことへのスイッチ・オフ。

だから、詩は、名詞を読むことの棚上げ。

つまり、詩は、動詞、形容詞への注目。

ところで、詩は、全部を語らず、言うのは少し。

そのうえ、詩は、他人には通じないくらい、わたしの独特。

では、こうすれば、詩を書けるかと言うと、そうではなく、詩は聞こえ。

すなわち、詩は、死者の言葉の拝借。

愛されるためなら、詩よりも、歌。

              (このレビューに、感謝です)

 ………………       ………………       ………………

 

 これだけで充分で付け加えることはないんだけれど………自分なりのまとめを。

 

 まず、作者は詩というものが普通の暮らしのなかでどう位置づけされているのか、から語ります。詩との曖昧な関係。

無理に詩に入っていくよりも、むしろ詩から出て行くということです。詩は詩の外にある。それがわかれば、言葉にはこんな作用もあるのだということもわかってきます。言葉は私たちの日常と生活とにミッかかわるものです。詩はそこに入り込んでくる。(「はじめに」)

 

 1章は、詩とは名前をつけること。

 私たちの生活のなかで形になっていないもやもやした気持ちとか気分とかに、名前を与え、名付ける、形をつけること。

 なにかを見つける。目につく。「あっ」と気づく。

 それに対して言葉が欲しい。言葉を与える。心のなかに新しく場所が作られる────新しい認識、として。

 

 名前をつける、ということに関しては、以前「現代詩入門」を読んだときに、杉山平一さんもいっておられました。



 2章は、聞こえない声が聞こえてくる、です。普段は聞こえない声が聞こえてくる、だから詩になる。

 

 ここで、宮沢賢治「なめとこ山の熊」が考察されています。猟師の小十郎は熊の母子の会話を聞いてしまうのです。ここでは人間と動物の交感が声によって繋がれている………心がつながっているのです。

 また、物語全体の「語り」の形………その普通の調子ではない異次元の語りが詩を呼び寄せると著者はいいます。

 そして宗左近の「来歴」を取り上げています。

 

 

………………       ………………       ………………

 長くなりますので、続きはまた明日。

 ここまで書いてきて、一回、パソコンの再起動で消されてしまった………思い出しながら書きました。

 最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。