読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

メタファーが重要なんだ………

 おはようございます。

 

 このサイトを読んで下さい。

(サイト主様、リンクさせていただきます。すごく読み応えがありました。教えられました)

http://www.t-net.ne.jp/~kirita/kiri/kiri62.html

 

 詩の批評なのですが、詳細な分析です。

 それで、詩とはこういうふうに書くものか、と教えられたのです。

 

  • ひとつの場があって、メタファーがやって来る。
  • 複雑な心理を表現するためにメタファーにならざるを得ない。

 

この流れを全体としてみると、「ぼく」は、最初に、いつもより電車が小さくみえる、という自分の心の状態に気付く。その非現実感は………』から始まる分析の的確さと詳しさ。

 作者がそう表現しなければならなかった思いまでも読み取っています。

 

 詩人はここまで言葉に真摯な態度で挑むのだ、と思わされたのです。

 

………………       ………………       ………………

 

  • モチーフとしての場があって────登場人物の心理はメタファーとして表現される。
  • 詩全体の話というか、筋=(事件)の経過は、文章にもできるが………
  • それが重要なんじゃない。心理が重要。(それを、教えられた)
  • 純文学みたいだ………心理を描こうとすることにおいて。
  • 要するに、そのときの気持ち、心理を描く。そのための表現。

というようなことを、考えたのです。

 単純にシュールなことを描いているんじゃないんだな、と思ったので。

 

 言葉として「メタファーの重要性」は知っていたのですが………

 こういうふうに分析され提示されると、はっきりそれがわかったのです。

 

………………       ………………       ………………

 

 最近、インターネット上にある詩人のサイトを見なかったので、新鮮な驚きでした。

 このサイトを何度も読みたい、と思ったのです。

 

 ………………       ………………       ………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございます。

 また、明日。