読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

短詩形で書く

 おはようございます。

 いま、書きたいと思っていることは二つあるんです。

  • 八木重吉の短詩形の詩に思うこと
  • 詩は祈りだということ

 ………………       ………………       ………………

 短詩形の詩について考えてみたいと思います。

 

 信仰とか、自分の信ずる真実みたいなものを持っていると………言葉で飾ることはいらない………から、対象物そのものを描くことが、即、「自己」となる。それだけで自足してしまうのではないか、と思うのです。

 

 だから、言葉はどんどん短くなる。余計なものをそぎおとしたものが、そこに残る。

 

 八木重吉の詩は青空文庫で読むことができます。       

        八木重吉 秋の瞳

        八木重吉 貧しき信徒

 

  「白い枝」


白い 枝
ほそく 痛い 枝
わたしのこころに
白い えだ

 

 なんて、いいんだろう。

 どうとでも読む人が解釈できる、ただ一本の白い枝。それがこころに痛みとしてある………信仰から出てくる言葉だし、信仰の深さが呼んでくる言葉なのだ、と思う。

 

 言葉に比重があるのでなく、作者が信仰の国に住んでいるから、そう見えるのだ、そんな言葉です。

 信仰が先にある。

 

 ……………       ………………       ………………

 

 短詩形の………詩じゃないんだけれど、ぼくが好きな俳人山頭火がいます。尾崎放哉も好きです。共に自由律俳句の巨星です。

 「青空文庫」の目次です。

 

作家別作品リスト:種田 山頭火

 

作家別作品リスト:尾崎 放哉

 

 身を切るような言葉たち。

 どんな句を選んでも、いい。

 

 山頭火も放哉も仏教の人ですが、ぼくも自分なりの仏教を信じているので、それで惹かれるのかもしれません。

 無常や縁の認識があって………言葉が出て来ている。

 

 図書館に行けば、山頭火に関する本はいっぱいあります。漂白した………旅を住処とした………ことが、サラリーマンにも人気がある所以になっています。

「種田山頭火」での検索結果は20万も出てくるので、いろんなサイトを見るのが楽しみです。

(たくさんのよいサイトがあるので、選んでリンクするのは難しいです)

 

 それに比べれば、「尾崎放哉」での検索は少ないといえるかもしれません。

 

 

 一行詩とでもいえる句もあるし………そう思えば………なにも言葉を重ねることに主眼を置かなくてもいいのかもしれません。

 長い詩を書くことで、言葉を出してゆく楽しさ、とかはありと思いますが………

 

 言葉がひらめくことは一瞬です。メモする手帳などを持ち歩くことは必要なのかもしれないです。いつもそう思いながら、実行してないのですが………

 

 信仰の国では、言葉は探すものではなく、やって来たもの、でしょう。

 詩を書くなら、それで充分と思えます。

 ………………       ………………       ………………

 

(うまく書けなくて、すみません。充分に練られた考えじゃないかもしれません。直感で書いたので)

 

 どんな詩人になるにせよ、「自分が納得すればいいので………」みたいなことをいいたかったのです。

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 また、明日に。