読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 日の記し   ★ヽ(´・ω・`)ノ 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきた67才で、もう老人なのですが、そこから見える風景とか、ふと思ったこと、検索してわかったことをメモして残します。仏教を生きる支えにしているので、もっと自由になれるでしょう。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

谷川俊太郎の詩

 おはようございます。

 昨日、「それで、谷川俊太郎さんの詩には────永遠に通じるもの、みんなが望むもののようなことについて描かれたものが多いのか」と書いたのですが………詩のテーマに普遍的なものを持ってくるのは当然のことのように思います。

 

 人は、愛や、救いや、縛られたものからの解放を求める………

 

 谷川俊太郎について書かれたサイトは多くあります。



谷川俊太郎の詩 ~世界が私を愛してくれるので~ | sanmarie*com

 



 サイトの方たち、お礼を申し上げます。

………………       ………………       ………………

 

(ちょっと決めつけて、断定しているので、下のぼくの解釈は間違っているかもしれません。そう思って読んで下さいm(_ _)m)

 

 谷川俊太郎の詩は、言葉の持っている意味を考え抜いて、それに付随する観念的なものの極北まで行く────そういう詩の書き方、だと思う。

 

  • きっかけとなる言葉から………次の言葉が生み出される。
  • こうも考えられるぞ、こういう視点もあるぞ、というふうに連が接続される。
  • ひとつの宇宙になったら、最後のオチ(結論)はつく。そうでなくては詩にならないから。
  • 谷川俊太郎は言葉の虚しさもわかっている。

 

………………       ………………       ………………

 

 描かれるモチーフは様々でも、いわんとすること(テーマ)は同じ………人はどう生きているか、愛するかを描いているのだと思う。

 テーマがはっきりしていると、詩も書きやすくなるのではないか………と思ったりするのです。

 

 谷川俊太郎は言葉のプロです。言葉を使う天才です。

 どんなところにも詩を見つけようとする。

 

………………       ………………       ………………

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 また、明日。