読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「今を生きるための現代詩」を読んで

 おはようございます。

 タイトルを変えてしまいました。まとまりがないお喋りになるかもしれないので、それにふさわしいような広い意味を持ったタイトルがいいな、と思って。

 

  

  この本を読んだのですが、詩についてすごくわかった気がします。

 詩にはこの二通りある、と書かれていました。

  1. みんなが思っているイメージの再現=(現実のリアリティ)を描いたもの
  2. 現実には存在しないものを描いたもの

が、あると。

 1は、だいたい普通の詩と呼ばれるもの。

 2は、ちょっと理解が難しいもの。

 

 普通は詩として描かれることによって、その詩の対象になったもののイメージを虚構のなかに再現するので、うまいか下手かが問題にされます。ようするにイメージがうまく再現されているか、技術的なこととか、作者の問題意識です。

 虚構としてリアリティがあるか=現実と比較して………

 

 それが普通の詩なのですが………難解と呼ばれるものは、現実には存在しないところを描いているから、理解し難く思うんだそうです。

 完全に作者が空想した対象物とか………

 現実に比較されるものがありません。

 

 1はわかりやすいですが、2があることによって現代詩は難しくなっている。

 

 その例として谷川俊太郎の「沈黙の部屋」(1962年「21」から)が引用されています。


 (リンクさせていただきます。ありがとうございます。)

 

 著者はこの詩を中学生のときに読んで、心が震えるほど感動したというんですね………すごい感受性です。中学生だと現実のことがまだわからず、先入観なしに読めたからだ、と書いておられます。

 

 こういうふうな詩。

 

………………       ………………       ………………

 

 この本を読んで、現実と関わりを持たないと思える詩もあるんだ、と教えられたことが発見でした。

 なにか、詩に対して、気持ちが自由になった気がします。

 

 その後の章で、現代詩の構成の複雑さや、視点の多重化について言及しておられます。詩を好きな方はぜひ読まれることをお勧めします。

 

………………       ………………       ………………

 

 ありがとうございました。また明日。