読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩についての日記を始めます

 おはようございます。

 すごくお久しぶりです。ずっと更新しなかったのですが、また始めようかな………という気になりました。詩を書きたいという気持ちが高まってきたからです。「詩が書けたら更新するかも知れません」と以前に書いたのですが………書けませんでした。

 それで、このままだと書けないで終わるな………と思ったものですから………

 もう65歳です。

 下手でも書かないと、いつ書けることになるやら。

 老い先も短いです。

 それで、詩についての考えというよりも、日記のように、思ったことを書いて更新していこうと思い立ちました。

 自分ひとりだと、怠け者なので書くきっかけを掴むことができません。日記のようなものにして、感想を書くだけだと、続けていけるんじゃないかと思っています。

 

 なにかを書いていくことが習慣になると苦痛じゃなくなるんですよね。だらだらと書いてしまって内容が薄くなる、という危険がありますけれど………

 でも、ぼくのような素人が「詩を書きたい」と思って、そのきっかけになればいいと思って書くことだから………中身に期待しないで下さいね。

 

 少なくとも「詩を書きたい」という切実な気持ちだけはほんとうなので………そのことだけは読んでいただく人と通じ合えるだろう、と思います。

 

 自分のなかでの、こうすれば書けるんじゃないかとか、ヒントになるものを探して行きたいと思います。

 

 作詩法の本はたくさん出版されていて、読んだりもするのですが………自分で実践するところで戸惑っている………というか、逃げたり、怠けたりして、努力しないんですよね。そこをなんとか乗り越えていきたいと思っています。

 

………………       ………………       ………………

 

 じつは、もう一度始めたいなと思ったきっかけは、放置していたブログを読みに来てくださっている人がいると気づいたからです。たまたまアクセス数を調べたのでした。

 ありがたい………ほんとうにそう思いました。

 

 そういう人に、「まだ諦めてないよ、じたばたしてるよ」と知ってもらおうと思ったのです。

 詩を書けないで、その前で躊躇しているなんて、なにか愚かなことのような気がします。書く気になれば書ける! やる気になればやれる! 必死でやれ! と叱られるかもしれません。精神が弛んでいるからかも知れません。

 

 でもぼくには、詩の周りを巡ってぐだぐだいっている………そんな状態が、ぬるま湯につかっているような心地よさがあるんです。

 そんな中途半端でなんの成果もだせない人間なのですが、それがぼくなのでしかたありません。

 

 長く喋りすぎました。すみません。

 

 日記のように、何を目指すというものでもなく、詩について喋ることを基本にしたいと思います。でも、毎日、更新できなくても責めないでくださいね。よろしくお願いします。m(_ _)m

 

「こういう人もいるんだなあ」という意味で楽しんでもらえれば、最高に嬉しいのですが………