読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

『だれでも詩人になれる本』再読 2

 昨日はやなせさんの、「詩は無心から生まれる」という言葉を聞きました。

 いっていることはわかります。いまの現代詩の────言葉が技巧的、専門的になり、一般の人々から離れているようにみえる詩の状況が、我慢ならないのでしょう。詩の書かれる原点に帰れ、といっておられるのだと思います。ただ、思いを伝えたくて書く、詩の心の柔らかさに立ち戻ろうといわれているのだと………そして、詩はそういう無心の心から生まれてくるのだと。

 

 だけど、ぼくはわかりやすい、簡単な詩作法を求めます。

 たぶんやなせさんがいっている、

それからかきはじめるわけですが、いったい何をかいたらいいのか、さっぱりまかりません。霧の中をさ迷っているみたいだったり、あるいはまったくこんがらがった毛糸の玉を手にして、途方にくれているような感じですが、それでもしばらくおもい悩んでいると、霧の中にぼんやりと光がさしてきて、ちいさな道がみえてきたりする。またどうしようもなかった毛糸の玉も、いくらか糸口のようなものをつかみかける。

という時間のあいだに────

  1.  何をどう書いたらいいか?
  2. なにもモチーフにしようか?
  3. テーマはなんだろう?
  4. どう表現したらいいか?

などという考えが、頭の中でぐるぐるしていると思うのです。そして、具体的に書く目処がついたときに、光が見えてくる。まったくの無からは、なにも生まれてこないからです。

 

 これは、大工さんが家を建てるときに、なにから始めるか、どうするか、どう図面を引くか、のだんどりをつけることだと思うんです。

 そしてそれを形にして、使いやすくしたのが詩作法だと思うのです。

 その詩作法の形を探っていきたいのです。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 「だれでも詩人になれる本」は、

  • 第1部 詩への細道 10章
  • 第2部 星屑ひろい 24章
  • 第3部 風の口笛  5章

からできています。

 それぞれの章が、読んでいて心打たれる、詩心に気づかされる貴重な文章ですが、まとめていくことができないので、残しておきたい言葉を引用していきます。

 

 やなせさんは子どものころ、『少年倶楽部』という雑誌を愛読していて、そこに載っていた西条八十の少年詩が好きだったのです。

 中学生になると新聞や雑誌の詩の募集に応募したことがありました。最高が佳作でいつも没ばかりだったようです。

 そのとき、一席、二席にはいったものが、いずれも、散文調でべったりと長たらしくかかれていて、選者の選評を読んでも、ぼくは茫然として「これはいったい何のことか」とおもいました。

 それから後も、いつも入選作とぼくのかくものの間には、おそろしくちがうところがあって、ぼくはきっぱりと詩をかいたり、投稿したりするのをやめました。

………

 昔のことをすっかり忘れていたぼくが、なぜまたかくようになったのかというと、十九歳のときはじめて井伏鱒二の『厄除け詩集』を読み、胸の中を吹きぬけるものがありました。

「もしも、こういうふうにかいていいなら、ぼくにもかけそうだ」

………

詩に関しては、ぼくは井伏鱒二を読んではじめて、「こんなわかりやすい感じのものも許されるなら、ぼくもかこう」と考えたのです。

 だから、この本を読む人も、

「なんだ、このひとぐらいなら、ぼくの考えていることのほうが上だ。これで詩集だしたりするのは図々しい」

 そうおもってくださればありがたい。そういうことも詩をかくひとつの動機になります。

 長い引用をしてしまいました。やなせさんの、詩を書こうとする人への励ましに感動したので。

 ここで重要なのは、やなせさんが「もしも、こういうふうにかいていいなら、ぼくにもかけそうだ」と感じたことだと思います。「これが詩だ」という常識の形を突き破るなにかを得たのでしょう。詩の自由さを見た、といってもいいと思います。

 

 じっさい、「つくだ煮の小魚」は、なんでもない日常のひとコマを描いています。詩にしなければ見過ごされてしまうような。

「そして水たまりの水底に放たれたが/あめ色の小魚達は/互に生きて返らなんだ」なんて、当たり前だ、と思うのですが、詩になることで常識をひっくり返す。

 小魚の描写が生きている時と同じように新鮮です。

 生の不思議さ、死の不思議さにせまります。(どう考えるかはべつです)

 

 たぶん、やなせさんは、おう、こんな易しい言葉で深いことがいえるなら、詩を書くのはいいことなんだ、と思ったに違いありません。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 長くなったので、明日に続きます。