読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

『だれでも詩人になれる本』再読

 おはようございます。

 詩を読むのにま構える必要はない、先入観なしに素直に作者が作られた詩の言葉を受け取り、味わえばいい────批評とか判断はその後です。

 

 そして、詩を書くのも、構える必要はない、そう思います。

 

あなたも詩人 だれでも詩人になれる本

あなたも詩人 だれでも詩人になれる本

 

  だから、この本を再び、読みます。

 楽しんで詩を書ければいい。そして他人と共感できるなら最高です。

「はじめのことば」にこう書かれています。

………もちろん 詩人の仲間ではなく 誰にも師事せず どんな詩人全集をみても ただの一語の説明もありません ぼくはひとつの心の表現の手段として 詩に近いかたちが 便利だと考えているだけで だから このまえがきも こんなかたちでかいています このほうが読みやすい 話しやすい そう思っているだけで たしかにこれは詩じゃないし これから先も詩はかかない それなのに なぜこんな本をだすのかといえば たぶん あなたもそうだからです ほとんど大部分のひとは そんなにたいした詩人じゃない ぼくとおんなじように ごくありふれた人間で 血も涙もはなくそもある しかし なんだかさびしくて この人生のギザギザの中 なにかしら 一瞬の心の安息をもとめ たとえば詩の本を読んでみる たとえば自分もかいてみる しかし なんと現代詩はむつかしくて 頭の痛むことでしょう それゆえ ぼくはこの本をかきます ぼくとおんなじ人たちよ ぼくらは詩人じゃないけれど せめて心の奥底の 孤独あるいは激情を なにかのかたちで話したい せっかくこの世に生まれたから 生きるしるしをみつけたい

  熱烈に感動しました。「そうなんです」と思いました。ぼくの心で思っていること、いいたいことが言い尽くされています。

 詩を書くにしても完璧でなくていい。完璧でなくちゃならない、そうでないと伝えられない、と悩む必要はないと思う。すこしでも気持ちが伝えられたら、よし、としよう。

 

 すばらしい詩はいっぱいあります。それを見上げて、お手本にして、それでもそこまで行けない。それでもいい。すくなくとも、詩を書いた、書けた自分、あるいは書こうとして努力した自分を、ほめて、認めてあげよう。

 

 詩は、楽しい。

 それを思いながら、この本を再読しました。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

3 どんな詩がいい詩なのか?

あなたがいい詩とおもうものがいい詩です

 読んでいて、背筋のある部分がふるえだすような感覚におそわれるもの、またぜひこの詩はノートにかきうつしておきたいというふうにおもうもの、またあんまりくりかえして読むためにすっかりその詩をおぼえてしまうようなもの、それがいい詩です。

 4 ではいったいどういうふうにして詩をかくのか?

  • 幼児の詩はほとんど傑作に近いものが多く、二十歳ごろから平凡ということになります。

  なぜそうなるのかといえば、五歳や六歳の子供はまだ、詩が何なのかよくわかっていなくて、おぼえたての少ない言葉を使って一生けんめいかいています。まだ自分の使える言葉が非常に少なく、意味もよくわかっていません。

 そのために詩の言葉が簡潔になり、時として本人が意識しないのに、感動の中心に命中することがおこります。

  ところが年齢が高くなると知恵がついてくるし、いろんな詩を読むようになるし、学校で詩が試験に出題されたりするので、詩を分解して考え、解答を得ようとすることになってしまう────とやなせさんはいうのです。

「良い詩」というパターンに自分の詩をはめこもうとするから、まったくの模範解答みたいになってしまう………

 

 それで、悪い詩というのはわかっています。

  • 自分だけ感動する罪

たとえば恋愛詩をかくとすれば、

あのひとと並木道を歩いた

あのひとの手が私にさわった

とてもうれしかった

 というふうになって、平々凡々として読む人すべてアクビをこらえていますが、本人だけはうっとりとして夢見ごこちになり、

「詩は自分の感じたことを素直にかけばいいんでしょう。私、感じたとおりにかきました」

 というふうにおっしゃるので、たいへん返事に困りますが、なぜそうなるのかというと、自分ではそのときの並木道の風景、ゆれていた葉ずれの音、そしてまた月光、そしてまた二人の間にかよいあった感情のさざ波のようなものまで、ありありとおもいだされるので、うっとりとなり、自作に酔いしれることができますが、まったく無関係な第三者にはなんのことかさっぱりわからず、しかも、ごく平凡な言葉が並んでいて、それはAでもBでもCでも何にでもあてはまり、ちっとも面白くないのです。

  そうですよね、作者本人は体験しているので、特別なことと考えてしまうのかもしれませんが、詩になると平凡な印象しか受けないものがあります。物事の表面しかなぞっていなくて、「発見された」ものがなく、常識的なものです。おうおうにして描写が類型的で、新しい視点がなく、深みのある表現もありません。

 

 詩は、「どうしても伝えたいという何か」です。

 読む人を面白がらせ、興味を惹き、言葉の世界に酔わせるテクニックも必要です。

 それは、伝えて、他人と共感しあいたいからです。

 読者に伝わるように書かなければ、不親切です。

 

  • 他人に媚びる罪

 これは「自分だけ感動する罪」と逆で、読者に受けることばかり狙って流行のスタイルを使ってみたり、仲間内だけでわかる言葉で書いてみたりすることです。たしかに他人をよろこばすことはできますが、自分の感動のほうは留守になり、表面的なパターンに入り込んでいるような詩です。

 

  それでやなせさんは、「無心に」詩を書くことを提案しておられます。

5 心がなければ詩がかけないが しかし心がないほうがいいという話

 

 ぼくらはどういうふうにして詩をかくのか、絵をかくのか、メルヘンをかくのかといえば、まず何をかこうかと心の中で考える。

 それからかきはじめるわけですが、いったい何をかいたらいいのか、さっぱりまかりません。霧の中をさ迷っているみたいだったり、あるいはまったくこんがらがった毛糸の玉を手にして、途方にくれているような感じですが、それでもしばらくおもい悩んでいると、霧の中にぼんやりと光がさしてきて、ちいさな道がみえてきたりする。またどうしようもなかった毛糸の玉も、いくらか糸口のようなものをつかみかける。

 そして、仕事がはじまるのですが、そのうちにすっかりその中にのめりこんでしまい、周囲の物音も気にならず、何かしらものに憑かれたような状態になってかきすすめていくようになります。

 これがつまり一種の無心の状態であって、これなくして作品を完成することはできません。 

  •  作品をつくるのに一番たいせつなのは心だし、その心はむしろ透明にしておく必要があるし、それがつまり心があってないとおなじになる、無心の状態、あるいは精神の集中ということになります。
  • ところが、これが幼児だと、ごくかんたんに無心の状態にはいれます。
  • 子供の詩はたいてい傑作です。なんらかの意味において胸をうつところがあります。
  • そのために、大人は幼児に学ぶ必要があるわけで、幼い子供とか動物はみんなぼくらの先生です。
  • もしも、なんにもかけなくなったら、動物園へいくか、ちいさな子供たちをぼんやりと眺めなさい。なにかをかならず教えてくれます。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

  だんだん、やなせさんのいうことがわかってきました。

 でも、ぼくは、詩の作り方、詩作法は必要だと思うし、大工さんが家を建てるのに、まず、だんどりから始める。このだんどりだと思うのですね、詩作法は。

 どんなふうにだんどりしているか、簡単でわかりやすいほうがいい。

 これからも、どう詩を作ればいいか、書けるのかを、探求していきます。

 

 明日に続きます。