読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「詩への道しるべ」を読む 1

 おはようございます。

 

詩への道しるべ (ちくまプリマー新書)

詩への道しるべ (ちくまプリマー新書)

 

 という本を読みます。

この本が、これから詩でも読んでみようかと思っている若い人たちにとっての最初の手掛かりになれば、そして詩というものがその人たちの生活の片隅に棲み付くのに多少なりとも役に立てば、とても嬉しいことです。

 と、はじめに書かれてあります。

 そう、詩は────書くのも、読むのも、大げさなことじゃないんですね。構えてなにかすることはない。そのほうが詩の真実をあらわしていると思います。

 

 著者の柴田翔という人はこういう人です。

 

 詩とは何か、という本質論はとても厄介です。あるドイツの学者はあれこれ議論を書き並べたあげく、「けっきょく〈文章を行に分けて書いてあるものが詩だ〉としか言えない」と言っていましたが、この最小限の定義も、世の中には散文詩というものがあるので、たちまち破綻してしまいます。

 素人の私は、詩の本質論に踏み込む勇気もありません。ただ、まず、

〈詩は比較的短い〉

 とだけ言いたい。(P10)

  • 〈 だから比較的取っつき易い(ものが多い)〉
  • 〈しかしその短さの中には、一つの世界がまるごと隠れている〉
  • 〈短い詩の中は、実は深くて広い〉

〈三つの詩があれば三つの世界、三十の詩があれば三十の世界────それがいつも、まるごと隠れている〉

 短い数行の詩を読んで、そこに隠れている一つの世界に出会う。あれこれの詩を読んで、さまざまな世界に出会う。さまざまな生の風景を眺め、さまざまな土地を歩きまわることになる。美しさにうっとりすることもあれば、恐ろしさに慄然とすることもある。時には熱く共感し、時には鋭く反発したい気分にもなる。

 それが、詩を読む楽しさだと、素人読者の私は思ってきました。

という文章に感動したので、引用させていただきます。

 

  • 詩には、その詩を書いた人の気持ち、その人の心や目に映った風景が現れます。
  • 同じような世界に生きていても、人それぞれに、気持ちの動き、有り様、目で見える風景、目に見えるものは、違うのです。
  • 短い詩のなかに潜む、深くて広い世界………

 

【詩の読み方】

  小さい声で、しかし発音だけはしっかりと読む。黙読であっても、文章の意味だけを追うのではなく、心の中では音にして読む。心の中で声を出して、ことばの一つ一つを確かめ、その意味を自分の中で思い描きながら、読んで行く。

 

 優れた詩であればあるほど、そこに潜む〈深さ、広さ〉はさまざまな読み方う許します。

しかし、その読み方の中へいま読んでいる詩と無関係なもの、そのことばのなかにないもの、特に〈自分の我意〉を持ち込んではいけない。

 

 詩を読む楽しみは、詩のことばにつられて自分の心の振幅が大きくなり、空間が拡がり、自分に見えなかった風景が見えるようになり、自分が自由に、伸びやかになって行くことを実感するところにあります。大事なのは自分から抜け出ること。いま現在の自分の心の在りように執着して、それをそのまま肯定する材料を探すために詩を読むのでは、詩を読む甲斐がありません。

 こだわらない心で詩を読むとき、詩は楽しいものになります。

  そうですよね、素直に先入観なく読むのがいちばんです。人それぞれ詩に対する考えも態度も違います。それでも、作者が書いた心情を素直に読み取ってみる、それがいいのです。批判は、読んで、受け取ってからでいい。

 自分の考えで世界を狭めることを………人は、よく、やっているのですから。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

  著者は詩を、三つの要素で成り立っていると考えます。そして、それぞれの要素が中心になった、三つのグループに分けています。

  • イメージ中心の詩
  • 音の響き中心の詩
  • 考え(思想)中心の詩

 

【イメージ中心の詩】 

 多くの詩はイメージ中心の詩です。もちろん音の要素も、考え(思想)の要素もあるのです。でも中心なのはイメージです。

 ここでは高田敏子の「小さな靴」が掲載されています。

小さな靴が玄関においてある

満二歳になる英子の靴だ

忘れて行ったまま二カ月ほどが過ぎていて

………

………(略)

おとなの 疲れた靴ばかりならぶ玄関に

小さな靴は おいてある

花を飾るより ずっと明るい

  いいなあ………イメージが、かわいい、鮮やかです。

 

 そして、紙風船」 黒田三郎

落ちてきたら

今度は

もっと高く

もっともっと高く

………

      (部分)

  名詩なので、誰でも知っています。

 でも、味わい深い。

 それは、「美しい/願いごとのように」の最後の部分があるからでしょう。願いごと=紙風船、というイメージが読者のなかに作られるからです。

 また、このイメージはメッセージでもあります。諦めることなく打ち上げられる紙風船………

 

 

 そして著者は、難しい、幻想のイメージの詩を提出します。

    「碑銘」  原民喜

遠き日の石に刻み

    砂に影おち

崩れ堕つ 天地のまなか

一輪の花の幻

  原民喜の評伝を知らなくても詩は味わうことができます。

 観念が生んだような幻想ですが、まさしく「一輪の花」を見たのでしょう。それが詩に描かれています。

 

 著者が選んで掲載したイメージ中心の詩は、この3篇です。

 世界はイメージであふれています。

 詩はほとんどイメージ中心の詩ではないでしょうか。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 明日は、「音の響き中心の詩」を読みます。

 では、また。