読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「金子光晴論」を読む

 

金子光晴論―世界にもう一度Revoltを! (現代詩人論叢書)

金子光晴論―世界にもう一度Revoltを! (現代詩人論叢書)

 

  金子光晴の詩業を、「抵抗詩の方法────主体的リアリズム」という視点から捉えて、全体像を俯瞰した、中身の濃い、読み応えのある本でした。(ぼくの力ではうまくまとめて伝えられるかどうか………心配です)

  目次と、その、簡単な内容をまとめたもの、を書きます。そうすれば、どういう内容か推察できるでしょう。

 

私と金子光晴との出会い────序論にかえて

 詩集『鮫』の「泡」を読んで強い衝撃を受けたこと。64行の詩には、流民どもが〈ころころ死んでいって〉、モノそのものと化した肉体から浮かび上がってくる「泡」が描かれているのだが………

私はこれらの人たちの、「死にざま」によって「生きざま」そのものを描写する、という金子光晴の「即物的手法によるリアルな表現」に強い衝撃を受けた。

 金子光晴の抵抗詩の方法────主体的リアリズム論────

 ここで『落下傘』の「洪水」「犬」を取り上げて、

単なる風景ではない、状況の肉体化=生理的に解釈された状況である。これらの風景からは人間が排除され………(略)

と、書く。犬=土民、人=強奪する日本軍、に象徴して描いている。

「鮫」において方法化された擬人法は「落下傘」や「鬼の児の唄」において、生理的嫌悪、日常感覚のレベルに批判の対象を引きずりおろしてくる。 

  金子は「象徴的技法」を駆使する。金子は言う。「手にもおえないような複雑な現実の種々相を、適確に表現するための一つの方法」(「詩における象徴」)であった………

 光晴の抵抗詩を国文学の対象とした首藤基澄は「批判的リアリズムの確立────「鮫」の成立とその世界」(「金子光晴研究」70・審美社)において………「鮫」は「世界の帝国主義の残虐さを批判的に抉り出し、暗い日本の現実を、強力な権力機構から庶民の悲劇に至るまで見事に詩に定着していた」と評価する。

 だが、その「落下傘」論(「孤立の中で」)は、「寂しさの歌」最終連の批判で自己矛盾を露呈し戦時後期(「鬼の児の唄」・「蛾」)からは消極的な意義しか見いだせないのだ。

  この首藤の批判を著者は否定する。

 注文をつけるのは勝手だが、光晴はまさに首藤氏自身も認めているように、「自我に固執することで、反戦の態度を貫き」とおしたのである。

 そして────

〈蛾───美女蛮〉にこそ、光晴の戦時抵抗への根底的〈内的〉契機がかくされている、と考えている。このことを証明するのが本稿の目的とするところである。「批判的リアリズム」の限界を超えるものとして、「主体的リアリズム」を定立しなければならない、と私は考えている。

と、書く。そして「蛾」の分析、論考と進む。

 だが、「美女蛮」は「顔一つで生きている」それは〈蛾は、数ではない。負数なのだ/蛾のうつくしさ。それはぬけ殻ではない ひ剥がされた戦慄なのだ〉(蛾Ⅵ)負数の世界、零になり得ない戦慄、半死半生を強要された状況、死者の苛烈な生存様式だ。これこそ「蛾」を道案内にして「煉獄めぐり」をする光晴の驚愕であり、そのようにしか実は生きることが許されない人間全体への熱いメッセージでもある。

〈蛾〉や〈美女蛮〉に仮託した人間の実存についての認識は、思弁的ないし論理的な構築物ではない。あくまでもイメージをもって構成される実感的な世界だ。

 ………あえて光晴の「抵抗詩の方法」に限定して論及したのは、戦時抵抗のうちにこそ、詩人が状況にいかに対峙するのか、主体と状況、主題と手法が単純化・典型化され、あたかも断層地帯で地層を調査するように、鮮明な切り口、生の亀裂を見せているからであった。すでに見たように光晴の抵抗詩イコール反戦詩ではない。たしかに外部への突出としては、〈鮫───落下傘───鬼の児の唄〉の反戦詩がある。しかし、〈蛾───美女蛮〉の内なる地獄う凝視する目によってこそ、外なる地獄の対象化が可能となったのである。

 金子光晴の認識と方法

1 詩人に於ける現実・現実に於ける詩人

  • 1928年「詩と詩論」はモダニズムの詩運動のピーク
  • 「赤と黒」 日本未来派宣言 ダダイスト 「亜」などカオスの時代
  • 象徴主義的発想の否定と止揚

2 風土への技術としての象徴

 多くの詩人にとって象徴は昇華としての象徴であった。つまり、自己主張を全体の中に解消する志向であった。しかるに光晴は象徴を自己主張の技術にまで引きずりおろそうとするぎりぎりの血みどろのたたかいをつづけたのである。

 金子光晴の象徴は彼のニヒリズムへの克己の志向と切離して考えることはできないのである。もっと積極的に言えば、光晴の象徴はニヒリズムの風土への技術でもあった。換言すれば光晴のニヒリズムが風土にまで高められるための技術(魂のあり方)として象徴が機能したのである。

 3 金子光晴の詩的世界(風土)

  • 〈美女蛮〉のあの手も足もない胴体だけの微笑した妖艶な聖女
  • 反対運動を生理にまで深める、生理的抵抗は、抵抗者自身の根拠、実存の姿勢にまで行きつく。
  • 詩法における、フーガの技法、自己内対話

4 抵抗の姿勢と戦中詩の評価

  • 金子光晴のそれは単独者としての反抗
  • 世俗への反抗 「鬼の児の唄」「おっとせい」
  • 生理的反抗(呪詛と毒舌)
  • 神との対峙
  • ニヒリズムからの克己────死を見つめ、その陶酔により空虚に打ち勝とうとする恋中毒患者として

戦後詩史に於ける金子光晴 1950年代────ポスト戦時下三部作

  • 「人間の悲劇」(創元社 52刊)「非情」(新潮社 55刊)「水勢」(創元社 56刊)
  • 耽美主義 時代への嫌悪
  • 自己内対話

 戦後詩が1955年以降、始まった。「列島」の関根弘は「荒地」の詩を批判する。

「よくもこう空転するほかない意識の岸辺に集ったものだ。彼らの言にしたがえば、彼らの共同社会に対決する個人の内的秩序の形成に向かっているというのだが、その悲愴な教義の衣をはがしてみれば、彼らの本質は詠嘆にほかならない。詩人はことばを内側から動かして行くものだが、死だとか霧だとか雨だとか夜だとか、およそ詩の自然に関わる常套語を羅列した演説的詠嘆詩を、彼らは生産しているのであり、いかなるイマージュももたない」

 しかし、この関根弘の批判も、観念的、建前的な批判に過ぎない。じっさい、「列島」は持続することができなかった。

 

  • 金子光晴は「人間の悲劇」で独自の詩文一体の詩風を確立した。
  • 老いと滅びの自覚、衰え

…………………………………………………………………………………………………………………………………

  この後も、「金子の戦後」の評価がなされているのですが、本を読んでもらったほうがいいと思うので、まとめはここまでとします。

 

 

────金子光晴の詩で、いちばん学ぶことは、リズムだと思います。行から行へと移るリズムが抜群です。

 そして、自分の言葉が、「詩の言葉」である生き方。

 詩人という生き方が有効だった時代に、詩人を生きることができた人、という気がするのです。

 

 

  お知らせがあります。

 来週から土曜日と日曜日はお休みします。本を読むことに追われて、精神的余裕がなくなりました。(笑)「詩をいかに書くか」についてじっくりとせまっていく、そんなブログにしたいので、今のペースでは、ちょっと忙しすぎる………ので。よろしくお願いします。m(__)m

 

 14日の月曜日は、金子光晴が1968年に書いた「作詩法入門」を借りて来ているので、それを読みます。図書館の書庫から借りてきました。

 では、また。