読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「金子光晴〈戦争〉と〈生〉の詩学」から

 

金子光晴―「戦争」と「生」の詩学

金子光晴―「戦争」と「生」の詩学

 

 を、読みます。

 著者は、前書きにこう書いています。

先に金子は時代と絡み合って読まれてきたと述べたが、今ひとつ、個性的な金子の人物像と作品が密着したところで読まれることが多かったというのもその特色である。詩人と読者が共有した昭和は既に去り、生身の詩人も存在しない今、金子を読むという行為とその読者が減少するのは必然の成り行きだったのかもしれない。

  しかし、ぼくの考えですが────

 詩壇と、また、詩論と離れたところで詩を書き続けた金子光晴という詩人の意味は大きいと思うのです。

 時代から捨てられ、また、拒否してひとり彷徨った様は、まるで、遅れて来た民主主義少年・大江健三郎や、遅れて来た軍国青年・三島由紀夫のようです。あの時代、昭和元禄と呼ばれた時代のことですが………

 金子光晴には、時代に関わらず、「自己」しかなかった────若き頃、同じような青年たちと、シュティルナーの哲学「唯物者とその所有」の強い影響を受けたという経歴があるからです。

 そんな妄言はいいとして、本の内容を紹介します。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

『鮫』にみる〈写実的象徴主義

「おっとせい」冒頭部分

そのいきの臭えこと。

くちからむんと蒸れる、

そのせなかがぬれて、はか穴のふちのやうにぬらぬらしていること。

虚無をおぼえるほどいやらしい、

………

   (略)

P33に、

………詩集「鮫」で特筆すべき手法は、この「おっとせい」「鮫」に顕著であるように、それぞれの生物が持つ特徴を引き出し形象化する際に、鮫の肌を「ぬるぬるで、青っくさ」いと捉えたり、首の縮んだような鮫の頭部などを「頭もない」「しっぽもない」と形容したりするように、醜悪でグロテスクな負の属性に着目し、そういう部分を意図的に強調して捉えようとすることにある。

 と分析している。

帝国主義」や「俗衆」というものを「鮫」や「おっとせい」によって象徴させたのが有効に機能したということであるが、それをなし得たのは「鮫」の醜悪さや「おっとせい」の凡庸な様を的確に活写し、それらが持つ負のイメージを読者に植え付けることに成功したからであろうと思われる。

 金子光晴は「詩における象徴 」という文章のなかで────

象徴的方法は、(中略)詩人のむずかしい、手にもおえないような複雑な現実の種々相を、適確に表現するための一つの方法として使用されるのでイミはないことになる。(中略)詩人は、強靭な精神と、偉大な常識と奔放な感受性と、根本の是正、人間のモラルを修正する、とらわれざる人間として、権力を否定する大いなる精神とをもって、もう一度現れようとしているのだ。象徴は、他の多くの手法と同列に並んで、そういう詩人を助ける時にだけ、光彩を放ちうるのだ。象徴は単なる技法として、僕らの伴髄者でありうるのみだ。

 と解説しているという。

 それまでの日本の詩の歴史のなかで、詩論としての象徴主義移入で行われてきた、象徴のための象徴という芸術至上主義的なものを否定し、読者に、概念を明瞭に伝達するための役割、と定義したとある。

 つまり「鮫」の持つ外見・性質・イメージをいかに正確に活写できるか、〈写生〉の力にかかってくるということである。「鮫」が象徴として生きるのは、その描写の力による、ということなのだ。

 

「エルヴェルフェルトの首」『マレー蘭印紀行』における自然描写

P120

 ………金子自らが跋文に「自然を中心とし、自然の描写のなかに人事を織込むようにした」と記しているように、人間の営みを自然を背景に描くことに目的があったと言える。

 

………マレー蘭印の旅が金子にもたらしたものは、反帝国主義・反植民地主義の思いと、東南アジアに対する親和とオリエンタリズム共存する意識であったということを確認したが、このオリエンタリズムは西欧が東洋に向ける支配と威圧の様式としてのものではなく、南方を異郷としてであると同時に郷愁として捉える感情であった。異郷として認識された東南アジアは西欧という軸を横に置くとき、異郷から内なるものへと変転する相対的な関係を持つものでもあったのである。………

この自然風土は金子にとって「治癒の場としての南方」として作用したのだが、その次には南方の自然に寄せる甘えにも似た心情が発生したのである。そして、この南方の自然に寄り添い一体化するという心情を読者と共感しあいたいがために、金子は旅への回想を込めながら自然を描写するのである。

  と、ここで引用した文章で、言い尽くされていると思う。

 そして重要な指摘に続く。

この東南アジアの寂莫な自然への共感は、その自然風土の中に生きる東南アジア民衆との共闘意識へと連なり、自分自身の立場をその民衆の中に位置づけ、ひいてはその民衆が帰属する国家に対する共感へと接続していく。東南アジアのスコールの雨音に寄せる意識は「大東亜」意識の萌す始まりでもあったのである。

『マライの健ちゃん』と〈大東亜共栄圏 

内容は、ジョホールのゴム園から医師として招かれた父に従ってマライに行った健ちゃんが、マライの少年と親しむ様をマライの風土と自然の中に描いたものである。

 批判はこうである。

櫻木富雄は、「ゴムはみんな大東亜共栄圏でとれるんですね」と健ちゃんが発言することを根拠に大東亜共栄圏を肯定するものだと批判し、鶴岡善久は、マライの少年が日本人学校で学びたがったり日本語を学ぼうとしたりする様を勤勉な少年であると評価する内容であること、即ち、占領地での日本語強制政策の持つ問題点を全く自覚していないということを糾弾するなど、批判の多い作品である。

 P127

 先に昭和初年から日中戦争のさなかまでの金子の帝国主義植民地主義に対する反感を確認したが、今それらの作品の横にこの「マライの健ちゃん」を置くとき、このテクストが明らかに〈大東亜共栄圏〉の方向へ傾斜していることがわかる。金子には、先述したようなパリで感じた違和や、植民政策によって虐げられた東南アジア民衆との共闘意識などから、ある種のアジア主義を指摘することができるが、西欧列強から東南アジアが解放されるという願望は日本軍国主義が建前としての目的とした事と一致するのである。金子は戦後になっても「政治的関心」(「現代人生論1」河出新書、1955.12)という文章の中で、「詩人の僕は、今日も東南アジア民族の解放と、人種問題と、日本人の封建性の指摘と、戦争反対の四つの課題に創作目的の重点をおくことにしている」(「日本の芸術について」春秋社、1959.12所収)と述べ、戦中・戦後を通しての一貫したテーマに、東南アジア民族の解放を据えていることを表明したが、この考えは時局にあってはなおさら強いものであったはずである。

 

 自分の意見を書きます。

  • 日中戦争・太平洋戦争は日本軍国主義帝国主義の侵略だ、という左翼的思想に偏っていないか。まず正しい公式的なものがあって、それから外れるものはすべて間違いだ、としていないか。
  • 芸術とか、人の営みは、そういう建前で迫ってくるものに従わなければならないものではないだろう。そういう建前や公式の権力性にこそ、疑問を呈し向かわねばならないものでは?
  • 戦後に日本が行った戦争が侵略だと、いうことが公式であるにしても、そのことを理由に過去の事物を裁くのは安易なやり方だろう。自分は正義で正当であるという安全な所から、他を批判するのは卑怯といえないか。
  • そういう視点を持たないにしても、東南アジアの民衆を、結果的に、西欧の植民地主義から解放したのだという戦後の金子の視点は正しくないか。

 いずれにしても、芸術であってもなくても、建前で人を裁いてはいけない。まず、自分が正しくて、そこからの視点でしか他を見ないという態度は、美を云々する者にふさわしくないと思う。

 イエスも言ったように、「まず、罪のない者が、石を投げよ」ということだと思います。

イエスは「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」と言った。これを聞いて誰も女に石を投げることができず、引き下がった。また、イエスも女の罪を許した。

 

 

 この本には、興味を惹かれるタイトルで、他にも論考が載っていますが、学問的なレベルでの研究のような気がします。このブログのテーマである、詩をいかに書くかということから、離れますので、これで終わりにします。

 

 では、また。