読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

吉野弘の詩作法

 吉野弘が高校生に向けて書いた、岩波ジュニア新書の「詩の楽しみ」という本を読みました。そこで吉野弘はこういっています。

詩の定義は、詩人と同じだけあると言われています。言いかえれば、完全な定義はないということですが、それを承知で私は、あえて、私の定義を述べてみます。

詩とは、「言葉で、新しくとらえられた、対象(意識と事物)の一面である」というのが私の定義です。

 

 これは、ずばっときました。

 詩が、「発見」であり、これまで何気なく見ていたことからの「気づき」であるということ───自分と対象との、新しい関係をつくることなのだと。

 

 吉野弘の詩は、現実の生活に近いところで作られています。生活のちょっとした違和感や気づきを見逃さず、それを詩にしています。

 発見することが、詩になる。発見や気づきの体験を語ることが=詩です。

 

 多くの詩論があり、詩が作られる方法も多くあるでしょうが、吉野弘は、素直に、発見=詩として、体験を語るのです。

 

 日常の「こんなものだ」という常識に対して感じた違和感や気づきを突き詰めていって、類型化された考えとか常識を抜け、それを壊す新しい関係を作り出す。

 

 Ⅳ章の「私が詩を書きたくなるとき」で───

  • 文字や言葉が新しく見直されるとき

   文字の形や綴りから 変な言葉遣いから 言葉に特別な意味が加わるとき

  • 物の見方・感じ方が変わるとき

私の場合、詩は、何かが新しい意味をふくみ、しかしその正体がわからないという状態で、私を訪れることが多いのです。それは、既知の事柄の中に未知の種子がこぼれた状態とでも言えるでしょう。

と、いう項目を設けて説明していますが、

Ⅴ 私のもう一つの詩作・方法で───

……私には「レポートの方法」というのがあり、この「豊かに」もその方法に相当します。

 詩は本質的に、作者の思いを述べる行為ではありますが、思いを述べるだけで、その思いを喚起した事象を的確に述べていない詩もたいへん多いのです。私はそういう傾向の強い人に、思いを書かずに事物を書け、と言うことにしていますが、レポートの方法もそれと同質のものです。

 私は、ある事件や事物から喚起された思いを直接、読者に押しつけるという方法をとりません。自分がどのように事件をとらえたか、事物を見たかということだけを書き、そこに読者も立ち会ってもらうようにします。私の作業はそこで終わるのです。私と同じ思いを読者が持つかどうか、それはわかりませんが、それでいいのです。私の思いではなく、私の経験が読者に共有されれば、読者はその経験から、判断なり感情なりを独自に喚起するでしょう。そのための資料を私は提出するだけなのです。

 と、書いておられます。

 詩を書く方法のひとつとして重要な在り方でないかと思い、長い引用をしました。

 

 吉野弘は読者と同じ生活者として、同じ目線で物事を見て、詩を作っているのだ、と思います。

 

 明日も、持っている本の、吉野弘を読みます。