読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

鮎川信夫全集を読む前に、「詩作法」のメモ

 鮎川信夫全集Ⅲの目次━━

  1. 現代詩の分析
  2. 現代詩作法
  3. 日本の抒情詩
  4. 詩の見方

を、読むんですが、その前に、いままでわかっている詩作法

 

【現実を観察する】

  • 心に強く感じたことをメモしておく。
  • 言葉でスケッチする。
  • 五感で感じたことを。
  • 自分以外の立場で見る。(鳥や虫で他で)

【想像力で現実を再構成する】

  • 心の耳で聞き、心の目で見る。
  • 詩は、「……で、あったら」「……だったら」の想像遊び。
  • 詩は「発見」「気づき」です。

【効果的な表現】

  • 自分が感動したことがテーマ。トップに持ってくる。
  • 隠喩を使う。
  • フィクションなのが、詩。
  • 言い切れないのを表現するのが詩。
  • 目に見えないものを作り出す。
  • あくまで描写で。

【詩の技術】

  • 比喩
  • 擬人法
  • 畳語法(語を重ねる)[例・燃えろ、燃えろ、炎と燃えろ]
  • 反復法
  • 対句法
  • 倒置法
  • 体言止め
  • 声喩(擬声語・擬態語)
  • 羅列
  • 副文止め(結論を先に言って……余韻を残す)
  • 中止法(言いかけて中止する)
  • 誇張法
  • 寓意
  • 頭韻と脚韻
  • 継起的接続
  • 起承転結
  • リズムと響き

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 詩は、正直な心の表れみたいなものだと思います。

 詩は、現実の再構成です。現実では叶えられないから、詩で叶える。そういうことがあると思います。現実では見れないから、詩で見ることができる、そういうことが。

 

  ぼくは自分が学歴のないこともあって、劣等感のせいで、知的なことが嫌いなんです。ほんとうは、詩がどうだ、こうだという、現代詩手帖のエッセイみたいなのは嫌いです。

 詩が、大衆に愛されない、必要とされないなら、詩について何を語れるのか? 外国の文学理論や、詩論が正統だから? 歴史があるから? 学問と、じっさいの詩は関係ない、違うと思う。

 

 詩人が知識階級で占められている、みたいなことも、違うと思う。

 うまくいえないけれど、現代詩以降は……敬遠されているのか……時代のせいか……詩は、そんなに親しみを持って受け入れられてないんだ、と思えて、悔しい。

 だから、大衆的でありたい、というのも違う。

 純文学のように、一定の権威があるのもおかしいように思うし。

 

 詩が好きなら、書いて……書くしかないだろう、実践で示せ。それで好きだっていえるんだから……

 そう、書かないでうだうだいっていても始まらないですよね。

 でも、人に共感してもらえる詩が書きたいので……

 それがわかるまで、探しながら、ブログを続けていくつもりです。(^_^;)