読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

これから読みたい本

  前に紹介した「名詩の美学」をまとめようか、と思ったんだけれど、詩を引用しなければならないし、批評されている部分がだけでは伝わらないので、全部引用しなければならなくなるだろうし……で、やめました。

 

「どうすれば共感してもらえる詩が書けるだろう」という問題意識でやっているので、本を読んでまとめるだけでは意味がないか……読んでいる自分の、勉強にはなるけれど。

 

  • それでこれから何をブログに書いていくかを考えていたんだけれど……前から気になっていた、小野十三郎の詩における風景の意味━━たぶん詩人本人も意識して描写しているし、短歌的抒情に染まらない風景描写の在り方を追求したと思う。

 

小野十三郎論―風景にうたは鳴るか (現代詩人論叢書)

小野十三郎論―風景にうたは鳴るか (現代詩人論叢書)

 

 

小野十三郎を読む

小野十三郎を読む

 

 「詩が生まれるとき」という本を図書館から借りてきたので━━

 

詩が生まれるとき

詩が生まれるとき

 

 

  •  詩人がモチーフを見出したときの解説を聞きたいから。
  • 自作品解説の本などを読んでもいい。

━━━どうモチーフを見つけテーマとしたか、詩を作るきっかけと工程を知ることができたらいい。あと……

 

詩の目 詩の耳 (五柳叢書)

詩の目 詩の耳 (五柳叢書)

 

 

 

詩とことば (ことばのために)

詩とことば (ことばのために)

 

  

詩と生きるかたち

詩と生きるかたち

 

 

 

詩の楽しみ―作詩教室 (岩波ジュニア新書 52)

詩の楽しみ―作詩教室 (岩波ジュニア新書 52)

 

  

詩のすすめ―詩と言葉の通路 (詩の森文庫 (103))

詩のすすめ―詩と言葉の通路 (詩の森文庫 (103))

 

 

 

岡井隆の現代詩入門―短歌の読み方、詩の読み方 (詩の森文庫)

岡井隆の現代詩入門―短歌の読み方、詩の読み方 (詩の森文庫)

 

 

 

評論〈2〉 (鮎川信夫全集)

評論〈2〉 (鮎川信夫全集)

 

 

 など、詩作に関する本を、めちゃ借りてしまいました。

 黒田三郎を読んだので、鮎川信夫の現代詩についての考えを、読んで、学ぶべきだろうと思います。この全集から始めようと思っています。

 あと……東渕修の詩集とか、

f:id:san-sai:20140605090222j:plain

 

マー・ガンガー―死ぬのはこわいだろうか

マー・ガンガー―死ぬのはこわいだろうか

 

 も、好きなので━━━感想とか書いてみたい。

 

 今日は紹介だけですみません。m(__)m