読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「さまざまな詩のスタイルまとめ」の感想

 おはようございます。

「現代詩創作講座」に投稿された詩の解説をまとめて、いろんな詩の書き方があるのだな、と思いました。

 それぞれが特徴あるから取り上げているんでしょうけれど、印象に残った番号を拾ってみます。自分が詩を書く時に、参考にできる、と思うので。

1 過去━━現在━━未来、を見通すヴィスタスの方法

  • 文章を書くと、回想することがついてまわる。この形式なら、詩を書くのによい。
  • テーマとなる核を見つけやすい。
  • 日常的なモチーフから広がりやすい。

2 描写=ドラマ

  • 描写だけでも、ドラマといえる。
  • 自分の想いを投影しやすい。
  • 映画的に、映像的に描ける。
  • 映画の手法(クローズアップ、オーバーラップなど)を意識して。

3 宇宙的な視点

  • 日常のモチーフも宇宙的な視点で、(生とはなにか、死とはなにか)考えると描写も違ってくるだろう。
  • (ちょっと違うかもしれないが)まど・みちおさんの詩。まどさんはキリスト教だが。
  • 感情に溺れずに、流されずに。

4 奇妙な味━━夢のような

  • まさしく夢がモチーフでもいい。
  • 現実批判ができる。歪められる、デフォルメできる。
  • 幻想は自由だ。ただ幻想の質が問われる。
  • カフカ的。他にもあるだろうが……

5 出来事をメタファーと捉える

  • 事件を暗示と見る。裏に隠された意味を探る。
  • 描写と観念語が混じった表現。

7 散文詩

  • 起承転結をはっきりする。構成的に事件を捉える。
  • 心理描写がし易い。基本的に文章と同じ。詩的なところが違うが。
  • 幻想や、異世界を描く。

9 記録映画的=ドキュメンタリー

 10 細密描写

  • 観察の凄さ。「削って、削って」も詩になるけれど、「見つめて、見つめても」
  • 物事を正確に描くことは、思想に達すること。

11 イメージのコラージュ

  • パッチワークのよう。世界を作れる。
  • 世界観が必要だ。
  • 付け加えることで、ダブルイメージが発生する。

14 寓話

  • 物語世界。
  • 不思議な世界が作れる。価値観が転倒した世界とか。

19 ライトヴァース

  • 日常の何気ないシーンから発想できる。
  • 難しい言葉(観念語)を使わない。喋り言葉で。
  • 現実を転倒させ、違った世界に行ける。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

が、参考になったスタイルです。

 

●あと、ぼくが書きたいのは、「祈り」の詩です。詩の原点は祈りだと思うのです。

 

 また、来週に。ありがとう。