読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩の練習 スタイル

 詩も楽器の弾き方を学ぶのと、同じようなものだと思う。

 練習も必要だし、基本的なことをいつも繰り返すしかない───なんていって、ギターも弾けないのだから、「信用ならん! ええかげんなことを言うな」と怒られそうだ。

 でも、練習みたいなものが必要なのは確かです。

 いつでも「詩的」な言葉が浮かぶような練習───練習と捉えるんじゃなしに、無意識に詩的な言葉で考えてる。詩を書くように物事を見ることができる、見ている。

 

  • 無意識に言葉と戯れることができる。純粋に詩が好きなことがいちばんです。
  • たくさん人の詩を読むこと。作者が、なにを伝えたいのか、感じること。
  • 模倣を恐れない。創造はすべて模倣から始まる。模倣に終わってしまったら、それまでですが。

 

  なんか、そんなことを考えていました。

 どんなに分析したり、解説を読んでも、頭で理解するだけではダメでしょう。その詩を読み、感じて、学べるところを学ぶ、詩から教えられる、それがいちばんです。(自分への戒めとして言っています。偉そうでごめんなさい)たくさん、詩を読まないとだめなんでしょう。

 

 それでも、学校で習う基本的なことだけは、詩を読み、書くのに、必要でしょうね。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 それで「現代詩創作講座」(木原孝一 飯塚書店1978)を読んでまとめることにします。

 この本では、投稿された詩を著者が批評したり、解説したりしているんだけれど……絶版になっていると思うので、もう読めないと思う。

(今回は自分が持っていた古い本ですが、そのうちに図書館で借りてきて、新しい詩作の本を読みます)

 

 投稿された詩が、スタイルごとに分類してあるのです。タイトルになっているのは、その詩の、切り口。どう構成したか、です。それを知ることは、詩を書く場合に、アイデアをどう活かせばいいか、何を目指して構成すればいいか理解しやすくなるだろう、と思うのです。

 …………………………………………………………………………………………………………………………………

         「現代詩創作講座」から

1【ヴィスタスの方法(過去───現在───未来を、見通した詩)】

     青い翼

[1連は幼年期の記憶。2連は少年期の記憶。終連は大人になった男が見るヴィジョン。現在。思い]

● Vistas とは───見通し。通景。過去→未来の見通しのこと。

 ●過去→現在→未来をつなぐ構成。ドラマを描く。ここでは鳥のヴィジョン。

●過去→現在→未来をつなぐ心理の秩序があること。

 

2【描写からドラマへ】

     遠望

[フランスの田舎───坂、紫陽花───雨───彼女は何を見つめているか!」

●視覚的イメージから始まって、ドラマに昇華する。

●紫陽花の描写で終わってしまうところを、(彼女)という言葉でドラマに転化した。

●現実の描写で終わらないで、作者の心理に関わり、ドラマとして成立したもの。

 

3【コスミック(宇宙的)な視点】

     欅

[ごみ焼き場───人形を焦がして───丘、欅の根もと───爪で掘じくって───扉───誰を探ろうと───母───記憶、人形の───欅、抱きしめて] 

●ごみ焼き場は、描写から始まって、シンボルに高まって。人形=人間。

●欅=生命の根源。母も人類の母と捉えた。

●日常的なモチーフから、壮大な生と死のドラマに仕上げた。

 

4【奇妙な味】

     青の柱

[目付きの鋭い老人───枯れ枝をつまみ、ふる、タクト───濃い霧───犬とぼく、ベンチにこしかける───(患者と呼ばれている)───ぼく、半身ずれて、犬、眼底飛び出して───過去と現在の死者───青の柱───親和するまで、犬、強く拍手する]

●古代世界の霧のなかで、「青の柱」という交響曲が演奏される。

●幻想的なイメージ。奇妙な設定。不思議な効果。

●奇妙な味の独創性は?

 

5【メタフォアの世界】

     そこに

[そこに、さっきまで座っていた人は誰ですか?───コーヒーカップ、たばこ、匂い───シルエット、ビートルズの曲のなかに───そこに、座っていた人は───(回想)消えてしまったもの───ジーパン、ハンバーガー、瞳、ギターの手と、デュエット───笑って聞いてくれた、午後───にがいレモン、まぶしい夕日───後ろ姿、ただ、見ている───そこに……]

●問の形から始まる詩。それは存在論的なことを示すには効果的である。

●絵画的な描写になっているが、言葉の位置関係を換えることで魅力的、幻想世界を展開している。ここがメタフォアになっている。(ビートルズの曲のなかにいる)他にも、普通は、レモン=月、いちご=夕日、なのだが、そこを逆転している。

●情緒に流れるところを、スタイリッシュな乾いた文体で描いた。

 

 6【主題と方法】

     涙

[幼いころは まぶたのごみを───悲しみも砂漠のように 見えないあなたが───突然 精神の上空に───本当のエリア (わたし)なのでしょうか]

●幼いころは自然な涙だったが、成長すると精神的な涙を流す。2連の「悲しみも」の転調はいい。その後、涙がテーマだったのに、「あなた」になってしまう。

●詩はその暗号性の謎と深さ。テーマと技巧によって大きな世界を示すことが出来る。

●どこかでひっかかる詩句は、テーマに対して、欠点がある。

 

7【散文詩の領域】

     愛の一夜

[寝苦しい夜。起き上がって窓を開けた。前の道、若い女……彼女だ。/彼女は美容師の卵。(回想)はじめて髪を切りに……鏡の中で……見つめ返すこともできず……/うつむいたまま、動かない。そっと階段を降り……いなかった。幻覚か。/気がつくと美容院の前に来ていた。二階に目をやる。窓が開いて……こちらに気がついた。左手を上げて奥に……ドアの閉まる音、靴の音、近づいてくる。彼女、急に、立ち止まる。「あら……あたし……ごめんなさい。人違いでしたわ」]

●外界を常に凝視しながら、描写している。緊張関係がリズムを作る。

●シーン。ドラマが作られ、終わる。起承転結の原則。

●最後の「結」ではカタルシスを起こさねばならない。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 30まで続きますので、今日はこのへんで。

 なんか、他人の詩を こんなふうに要約するのは不謹慎でしょうか? でも、詩全体を引用することは出来ないので、詩を読みながら、頭で、「こんなことが書かれてある」というまとめをしている感覚で、要約しています。そうでないと、書かれている解説も、批評も、それだけでは、伝わらない文章になってしまうと思うのです。失礼なのは、あやまります。よろしくおねがいします。

 また、明日。