読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

劇的な詩

 ものを分類しサンプルを作ることは、知識を構築する方法だ。ものを知るということは、分類して区別して、これはこうだ、あれはそうだ、とわかること。

 

 それで、たくさんある詩のスタイルというか種類を、知りたいと思った。

 前に紹介した「現代詩創作講座」(木原孝一 飯塚書店1978)には、作品を批評する第2部があって、さまざまなスタイルの詩が取り上げられている。また、同じ飯塚書店の「詩の教室Ⅰ~Ⅴ」(1973)でも、「何々の~詩をつくるために」という講座担っていて、抒情詩とか社会的な詩とか、書く形式によって、「切り口を───こうすればいい」みたいな解説を載せてある。

 

 それを見ていると、いろんなスタイルの詩があるんだなあ、と思う。

 これはこういうスタイルで書いているんだな、とわかったほうが、作者の思いも理解しやすいと思うんです。

 それは明日から、まとめていきますが───

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 若くて不満だらけの、自分の心を直撃したギンズバーグの詩は、分類でいうと、「劇的な詩」だと思われます。

 1970年に出された諏訪優評論集(他人の街社)の分析、解説によって、「吠える」の全体の構成が明らかにされています。

        第一部

1 ヒップスターがどういう状況に置かれ、さまよっているのか、導入部 1~5行

     (僕は見た 狂気によって破壊された僕の世代の最良の精神たちを……略)

2 安アパートで───大学で───6~10行

     (ある者らは 戦時給費学生にまじって アーカンソウとブレイク風の……略)

      (ある者らは 髭もそらず下着姿で 紙くず籠の中でドルを燃やしながら……略)

3 街の様子 11~13行

     (夢 麻薬 覚めながらの悪夢 アルコールそして陰茎と……略)

4 地下鉄───公園───橋へ 14~16行

     (ある者らは わが身を地下鉄に縛りつけバタリーから聖なるブロンクスまで……略)

5 ヒップスターたちの探求の姿、挫折、敗残 17~23行

     (玄関の式台から 非常階段から 窓のしきいから エンパイア・ステーツ・ビルから 月光の      中へ跳び降りるプラトニックな会話主義者の敗残の一団よ……略)

6 さらに探求の、幻の中身 24~29行

     (ある者らは研究していた 哲学者プロチノス 詩人ポオ 十字架のヨハネ……略)

7 政治的抗議 30~33行

     (ある者らは連邦検察局を穿さくするためにあご髭を生やし半ズボンをはいて……略)

8 ホモセックス 34~38行

     (ある者らは 悪事を働いたわけではないのだ 男色や麻薬を自分流にいじっている……略)

9 続くホモセックス 39~40行

     (ある者らは 笑おうとしていつまでもしゃっくりし続けた トルコ風呂の仕切の……略)

10 さまざまなセックス 41~42行

     (ある者は ビールびん 恋人 シガレットの包み ローソクなどと……略)

 11 ヒッチハイクの記憶 43行

     (ある者は 沢山のかっぱらった自動車に乗ってコロラドを通り抜けて女を……略)

12 再びニューヨーク、ヒップスターたちの奇行 44~50行

     (ある者らは 非常にくだらない映画界に消え去り 夢にうなされて突然……略)

13 狂気と挫折 51~55行

     (ある者は 黄色い朝のわけの分からぬたわ言を全く高尚な呪文のように……略)

14 商業主義のジャーナリズム 56~58行

     (ある者らは マヂソン・アベニューできれいなフラノの上着を着せられ……略)

15 旅、放浪 59~62行

     (ある者は お互いのゴルゴタ 牢獄の孤独の見張り バーミンガム・ジャズの化身……略)

16 犯罪者 63~65行

     (ある者らは 監獄で 精神を押しつぶし 甘い加州刑務所ブルースを唄う……略)

17 カール・ソロモンのこと 66~70行

     (ある者は ニューヨーク・シティ・カレッジでダダイズムの講義をしている奴に……略)

18 終末のイメージ 歌い上げる 71~78行

     (母親とついに○○をし 最後の幻想的な本がアパートの窓から投げ出された最後の……略)

        第二部

1 モーラックとは 79~85行

     (頭蓋骨を叩き割って 脳みそとイマジネーションを食っている あのセメントと……略)

2 呼びかけ 叫び 86~93行

     (僕はひとりぼっちで坐っている モーラックよ! 僕は天使のことを夢見ている……略)

       第三部

1 カール・ソロモンへの愛と呼びかけ 94~131行

     (カール・ソロモンよ! 僕はきみと一緒にロックランドにいるのだ そこできみは……略)

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 現実の悲惨と挫折の描写と、願望と、幻と。すごく構成的に作られているのだとわかります。

 二部、三部があることで、劇的な構成になっていますよね。「呼びかけ」があるから。祈りといってもいいかもしれません。この「祈り」は「カディッシュ」で、ますます強くなります。

 

 この詩は1956年に書かれているので、そうとう古く、時代の限界を感じます。でも、後書きで、ギンズバーグがいった言葉として引用されている───

「一篇のちっぽけな詩など書かずに、自分のイマジネーションを解放し、何も包み隠さず、勇敢に書きたいことを書き、自分の心の奥底から溢れ出てくる魔術的なラインを書きなぐって───人生を要約し───自分が誰にも示すことのできない何ものかを、自分の魂の耳、あるいは他の、数少ない黄金の耳にきこえるように書こうと思った」

と、いう思いはすごく胸に響くのです。

 

 長詩の構成の仕方がわかった気が……します。

 作者の心の動きが、詩の表現を作る、そんなふうに思う。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 日本で、劇的な詩といえるのは、田村隆一の詩でしょうか。

 あまりに概念的で好きじゃないけれど。ただ、断定するリズムは心地いいです。

 

 また、明日。