読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

文章化→詩へ変換

 お早うございます。

 昨日───

  前に、詩作法として、

   インスピレーション→データの収集(見ること、感じること、書きとめる)→発酵・テーマを考える→バラバラにして、組み立て直す・表現を工夫する

   と、したわけだけれど、

データの収集→無意識のうちに(文章化)している、の段階で、

 詩の、構成とか形式とかができそうだ。

 一連の流れは、文章を作る過程と変わりないんだから。

 と書いたんだけれど……

 それで、今朝、試してみるか、と思ったんだけれど……もうすこし、後にします。自分で書ける自信ができてから。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 加島祥造の「タオ」は、老子の道徳経を詩に直したものです。

 

タオ―老子

タオ―老子

 

 

   水のように

タオの在り方にいちばん近いのは

天と地であり、

タオの働きにいちばん近いのは

水の働きなんだ。そして

タオの人がすばらしいのは

水のようだというところにある。

                ――(略)――

          上善如水。水善利萬物、而不争。居衆人之所悪。――(略) 

 

 

 老子のは文章だけれど、詩にしてしまった。エッセンスだけ。伝わる。

 

 

  だけど、描写だけの詩はたくさんあるような気がする。頭のなかで文章化→詩変換、できたら、ある程度の「詩を書けるぞ」という自信につながると思う。

 基本的に、「頭のなかでの文章化→詩へ変換」をいつもやっているのが詩人だろう。詩を作る人って、詩になるフレーズをいつも思い浮かべるようにしているみたいだ。

………………………………………………………………………………………………………………………………… 

 自由に詩のフレーズを思い浮かべることができる人がいる。谷川俊太郎さんです。

 谷川さんは日本の詩の世界では、天才といわれている。

 言葉が、いきいきと、お洒落だ。

「愛」とか「孤独」とかの本質を、詩で語らせたら、こんなにうまい人はいない。

 詩のテクニックもすごい。あらゆる表現の技法がわかっているし、それに挑戦もする。

 この巨人を、解説をすることなどできないので……

    谷川俊太郎論をどうぞ。

 

 谷川俊太郎さんは、 現実を解体して→自分の「愛」とか「孤独」とかの本質の観念で濾過して→再構成、していると思う。

 谷川さんが持っている「愛」とか「孤独」だ。たぶん個人的な探検に裏打ちされている。

 

 じつをいうと、あまり谷川作品を読んでいない。貧しいねじ曲がった生活をしてきた自分には、お洒落すぎて、合わないのだ。そういうことってあると思う。人生、相性だし。だから語る資格が無いのです。

 

 でも、詩は素敵だ。

 どこでも、どんなところへでも、自分を運んでいける。自分に合わない詩でも、例外ではありません。 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

  明日は日曜日なので、お休みさせていただきます。また、月曜日に。