読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩の部品

  お早うございます。

 昨夜、眠れずにいて───発見しました。というより、気づいた、のですが。

 

 詩も多くある文章の一部なら、多くある文章の書き方に沿うものなのだ、と。

 小説の部品は───描写と、説明(要約)と、会話、です。

 詩もそうなのだと。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 描写───風景描写。行動描写。心理描写。[セリフ(心情)描写

 説明───事件の経過を要約。

 会話───詩の場合はモノローグが多い。

          となる。

 

 詩の構造(部品)はこれで説明できる。

 いや、文章で書かれる一切は、描写と説明と会話なのです。

 ただ、わかりやすく書かれていて、読みやすく理解しやすくなっているか───難しい言葉とかで書かれていたり、晦渋だったり、韜晦だったりして一見、理解し難いか、だけなのです。

 

 これを理解していれば、人の詩を読むときも、頭に入ってきやすいし、自分が詩を書くときも、役に立つでしょう。

 

「文章 描写 種類」で google 検索してみました。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

「言葉の力を贈りたい」の1章の2は「目の詩人・耳の詩人」ということで山之口貘金子光晴が紹介されていますが……

(そして、山之口貘はとても好きな詩人ですが)

 ここに「ねずみ」という詩があります。

生死の生をほっぽり出して

ねずみが一匹浮彫みたいに

往来のまんなかにもりあがっていた

まもなくねずみはひらたくなった

いろんな

車輪が

すべって来ては

あいろんみたいにねずみをのした

ねずみはだんだんひらたくなった

ひらたくなるにしたがって

ねずみは

ねずみ一匹の

ねずみでもなければ一匹でもなくなって

その死の影すら消え果てた

ある日 往来に出て見ると

ひらたい物が一枚

陽にたたかれて反っていた 

 

 著作権もなくなったでしょうから(死後50年経った)、全文、紹介してみました。

 

 これって、描写と説明の詩です。

 文章に書き直してみますね。

 

描写生死の生をほっぽり出して、ねずみが一匹浮彫みたいに、往来のまんなかにもりあがっていた。まもなくねずみはひらたくなった。

描写・説明)いろんな車輪がすべって来ては、あいろんみたいにねずみをのした。ねずみはだんだんひらたくなった。

(説明・描写ひらたくなるにしたがって、ねずみは、ねずみ一匹の、ねずみでもなければ一匹でもなくなって、その死の影すら消え果てた。

描写ある日 往来に出て見ると、ひらたい物が一枚、陽にたたかれて反っていた。

 

 詩が詩であるのは、行分けと空白の沈黙の深さです。こんなふうに、文章に書き直すのは乱暴かもしれません。でも、実験的検証と思って、許して下さい。

 

 詩が、普通の文章と変わらない、描写と説明と会話の構成要素で出来ているのが、わかりました。

  前に、詩作法として、

   インスピレーション→データの収集(見ること、感じること、書きとめる)→発酵・テーマを考える→バラバラにして、組み立て直す・表現を工夫する

   と、したわけだけれど、

データの収集→無意識のうちに(文章化)している、の段階で、

 詩の、構成とか形式とかができそうだ。

 一連の流れは、文章を作る過程と変わりないんだから。

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 金子光晴も好きな詩人です。

 日本人的な情緒には流されない、論理的なからっとした乾いた心情の詩を書きます。彼の詩をもっと勉強したい。受け取りたい、そう思っているのですが。

 

 また、明日。