読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

言葉の力2

 詩のモチーフというか、(現実の生活での)切り口=描くということ、をどこに見出すか、というのが心にいつも引っかかっていて、考えている───

 みんな考えることだと思う。

「なにを詩に書こうか……」

 モチーフ(描く対象)が選ばれた時点で、詩はほとんど出来たといってもいいぐらいです。

 

 それで───

●普通の日常、暮らしている人の断片的な生活のなかの、ひとつの部分からか

●理念先行の、自分の頭のなかの、イメージや概念を具体化するために、描くのか

 

 が、あると思う。

 日常生活のなかからモチーフを選ぶか、自分のイメージを先行するか。

 どちらになるかはその人の個性だけれど。 

 昨日の辻征夫さんの「葱」も日常のなかのワンシーンから詩ができたんだ、と思う。畑を奥さんと歩いていて、葱が一本だけあっち向いていた───それを捉えて詩にした……

 ちょっとのことでも、その存在の意味を探求していくと詩ができる。

…………………………………………………………………………………………………………………………………

  ところでなぜこんなふうにいうのかというと……

「現代詩創作講座」という、木原孝一さんが1978年に書いた本があって、そこに、「詩は存在感覚なのです」と書かれてあったから。

 いまだにわれわれの詩が書き尽くされることがないのは、詩が、その主題の説明でもなく、そのモチーフの解説でもなく、実は、その主題の持つ存在感覚、そのモチーフの持つ暗号性こそが、私たちの創作する詩の、真の意味であるからにほかならない。

 続けて、

 私たち人間は、その生き得た時代の存在感覚、その時代に示された存在の暗号性によって、その時代の「生」の意味を獲得するのである。そこに永遠に、人間の詩が書き続けられねばならない唯一の理由がある。

 と、書いておられます。

 

 詩人が見て、とらえる出来事はさまざまで、それぞれの詩人によって興味を持つものも違うでしょうが───モチーフがなんであれ、わたしたち読者が受け取るのは、描かれた表面的なものじゃない、その内容、意味、暗号性、なのです。

 

 日常に、戦争もあり、悲惨もある。生活のなかに、苦しみがあり、救済もある。天から与えられたり、神や仏が救ってくれるものではないのですね。

 普段の何気ないことに、生きる意味が詰まっています。あるいは死の意味が。

 

 そんなことを思いながら、辻征夫さんの詩を読んだのです。

 木原孝一さんは79年に亡くなっていたのですね。合掌。

 

 では、また明日。