読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

「詩の作り方」を読む 6

「実作にあたって」の章 まとめ

【行分けや行替え】

●日本では、口語自由詩になり、定型というものがない。外国では詩の形式というものがあり、韻律や構成を学んで詩をかく。

●だから、日本では、行の長さや、行替えなどの基準がない。

「しかし、個々の詩をよむと、その詩がいい詩であればあるほど、行の長さや行分けや行替えが適切であることが納得されるようなものをもっていると思います」

 【詩作と実生活】

●詩をかくことで自分の生活をさらけ出す結果になる、それで不都合な扱いを受ける……この部分は、大阪文学学校で詩を学ぶ女性の悩みについて書かれています。

  1969年の時点での話なので───詩が本音をさらけ出し、社会の矛盾を批判的に表現する、と考える社会主義リアリズムの影響があった時代です。

 いまでは詩をかくことと実生活が直結すると考えることはないでしょう。詩をかくことのインパクトがなくなった───詩の力がなくなったと思います。詩は趣味の領域になってしまったのだと思います。

 それはそれでいいのですが……

 ぼくはいまでも、社会的な矛盾をを突いた詩───戦前のプロレタリア詩などが好きだし、読むと気持が解放された気がするのです。それはぼくが社会の底辺で生きてきたから、詩うんぬんよりも、先に共感するのかもしれないですが……

 

 ここで黒田三郎がいっている───「詩は、見せかけや綺麗事で書かれていると、読む人の胸を打つことはない」という指摘は正しいでしょう。

 

【いい先輩いい仲間】

「いい先輩がいて、自分の可能性を見いだし、それをのばすように仕向けてくれたら、どんなにいいでしょう。しかし、たいていの先生や指導者は、それ以前に、お手本を強制するかもしれません。『教える』ことができると確信して。

 よくあることですが、職場のサークルや地方の文学グループで、相互に真剣に激しく批判し合っていることがあります。往々にして、具体的な詩についてこまごまとした鑑賞をする代わりに、何かの詩論をふりかざして、ダンビラをふり回すようなことをしがちです。そういうふうにして、知らず知らずのうちに、真剣さのあまり、お互いの可能性を、まだ青い芽のうちに、つみとってしまうということになってしまいます。

 あらさがしになってはいけません。あらさがしなら、だれだってすぐできます。かんじんなことは、可能性をのばすことです」 

 詩論にばかり興味を持った未熟な人はいるものです。上から目線で、他人の詩を裁断する───そうすることが批評だと思っている人がいるのです。なにかのグループには、必ず、集団をひっぱる人がいます。その人が、他人との調和を考える人だといいのですが……

 

 【詩的形容と実感】

 ●「詩をかこう」とすると、自分の生活からかけ離れた、ロマンチックなことや、不満を直接ぶつけた過激なことや、詩論に忠実な───芸術至上主義的な詩をかく人がいる。

 つまり、詩をかくことが、その人にとって、解放感を覚えたり、心の支えになってるのだが……P160

「しかし、他人に自分の詩をよんでもらおうと思うなら、やはり他人の立場に立って考える必要があります。自分勝手で、単に独善的なだけだったら、他人の共感を得ることはできないでしょう」 

 

  「ただ、『他人の立場に立って』考えるというのは、ことばというものについてよく考えてみることでもあります。ことばは個人のものではありません。個人が生まれるまえからそれはあり、それはお互いにとって共有物です。詩をかく作者は、不特定多数の読者とことばを共有していることになります。当然、自分のことばを尊重しようとすれば共有者も尊重しなければならなくなるでしょう」 

 という指摘は鋭いと思います。言葉は自分だけのものじゃない。大事に扱うこと。

 

●詩に書かれたことばがすべてではない。優れた詩の背後には、大きな沈黙がある。優れた詩はこの沈黙を感じさせ、読者にも沈黙を共有させるところにある。

●我々には、「建前」と「本音」がある。詩は、生活する上での建前を突き抜けて、訴える個人の本音だと考えてもいい。

 

【一人の私一億の私】

●詩をかいて人に示す場合、意識しようがしまいが、他人の共感を求めているといえる。

●詩における「私」の位置───作者と詩のなかの「私」の関係、読者と「私」の関係。そういう「語られる私」が読者のなかで「像」を結ぶか。

 

 ぼくは思います。作者が描く、詩という想像にたいして、読者もそれを想像することで応えようとします。そこで、作者の分身ともいえる「私」が曖昧な存在だと、読者もどう受け取っていいのかわからなくなる。

 

【詩の多様性

 ここでは様々な、投稿された若い人の詩を紹介して、それぞれ、解説しています。

「詩は多様なものですし、多様であるところに詩の意味があるのです」

【文字かことばか】

●外国では詩の朗読が盛んに行われている。日本では同音異義語が多いため難しいところがあるが。

●現代詩は、ことばとして考えられるよりは、文字として考えられがちだった。

「私たちは黙読になれています。スピーディにさっと読んでゆきます。詩をよむ場合も同じですが、たまにテンポを変えてみることも必要です。ひとつの詩を、ときには声を立ててよみ、ときには書き写してみましょう。スピーディに黙読する場合とは違ったニュアンスが生まれるかもしれません。

 自分で詩をかく場合も同じです。声を立ててよんでみたり、もう一度書き写しながら考えてみると、思わぬ視角が開けるかもしれません」

 

……………………………………………………………………………………………………………………………………………

 以上でこの章のまとめを終わります。