読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

これから読む本

 少し間が空きました。これからどんなことを書いていこうか、と考えていたら、ずるずると日がたってしまった。一周間を一区切りとして、休みとか挟んで、書くペースでやろうかと思っています。

 それで、これから読む本なのですが……「子どもに向けての詩のつくりかた入門」という本を図書館から借りてきたので、これを読みます。詩を書くヒントが書かれてある、と思います。


 なんでそんな低学年に向けに書かれた本を読むんだ、という批判もあると思いますが、この本は、「子どもに詩の書き方を教える先生に向けて書かれた」本なんです。どう書けば詩になるか、ということが内容になっています。それで、おもしろいと思ったのです。
 ぼくらが詩を書きたいとおもった時に、昔、先生から習った「こうなんだよ」ということを思い出さないでしょうか?
 そこから始まったんじゃないでしょうか。詩を書くことがおもしろいと思ったにしろ、難しいと思ったにしろ。だから最初を見なおしてみよう、と思ったんです。


……………………………………………………………………………………………………

 詩の世界には───児童詩というジャンルがあります。


 この検索でのサイト「作文児童詩教育」は、この本とかぶるかも知れません。
 読むと、先生たちの、教える苦労がわかります。

 わかりやすいし、共感できます。

 それに検索で出てくる様々なサイトの「子どもたちの詩
 じつにいい。
 素直だし、大人とは違った視点で。いいなあ。
 こころが洗われます。