日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。貧困や社会保障から落ちこぼれる人のために、社会が動いてくれたらいいのですが……いつも、自己中で理不尽な強い者が勝者になるようです。〈自分を救うのは何か〉考えています。ネガティブなものも肯定する視点を持ちたい。いまはブログがあるので寂しくありません。訪問してくださる人に感謝しています。ありがとうございます。コメントをいただいた場合は相手の方のブログのコメント欄にお返事しますね。

俗の詩人たち

坂村真民という人がいます。


 相田みつをという人もいます。


 嫌いじゃないんです。諸手を上げて大賛成といえないけれど、読んで、涙を流したこともある。ひとりで、切羽詰まっている気持ちの時に、慰めてくれる言葉ですから。


 こういう俗な世界。
 みんな、そうなんですね。寂しい時に慰めてほしい。


 生きる希望とか……たぶん、こういうところから出て来るんだと思うんですよ。





 ただ、坂村真民相田みつをは、俗から出たエリートみたいな気がして、嫌だな。
 全面的に嫌いというわけじゃないけれど。




……………     ……………     ……………     ……………


 八木重吉とか、金子みすず
 
 中原中也

 皆、同じような俗の気持ちがわかっている人たちです。


 とくに金子みすずは好きです。
 声高に歌わないところが。