読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

難解詩 2

 難解詩について考えることは、現代詩をどう考えるか、ということだと思います。
 現代詩の一部に、難解であればあるほど芸術性が高い、という間違った考え方があるので……

 そんなことをいうと───
「それならお前が書けるのか。生意気なことをいっても、ちゃんとした詩も書けないで」といわれてしまいそうです。まったく、そのとおりで、他人に評価される詩も書けないのに、偉そうに、詩について語るな! という自嘲、自責の思いがこみ上げてくるのです。


………………     …………  ………………     …………

 でも、あえていわせていただければ、現代詩がすごく難しくなりすぎて、芸術になり過ぎて、近寄りがたい雰囲気になっているのでは、と思います。親しみがない。

 この親近感を覚えないというのが、問題だと思うんです。
 詩に、生活感、がなくなった。生活している普通の人からみると難しいことをいっている、思われてしまう。

 詩を支える共通の認識、思いというのが、なくなったのでしょうか?

 詩人という人たちが、知的階級に属することが多くなってからか?



………………     …………  ………………     …………

 おいおい、そんな詩人ばかりでないだろう、世間には、名も知られてないで、ひっそりと書き続けている詩人もいるじゃないか、という声も聞こえてきます。

 そうですが……敢えて、探すのがたいへんなんですね、そういう人たちの詩誌を。

 目につくのは、本屋さんでは「現代詩手帖



 そう思うと、流通の問題かもしれません。

 

 また、世の中には、興味を惹かれることがたくさんあるので、詩が片隅に追いやられているだけかもしれません。



………………     …………  ………………     …………


 あまり、難しい批評など読んで、深く考え過ぎることは避けたいです。



 サイトの1ページにリンクを貼らせてもらうのはよくないことかもしれませんが───

石原吉郎の詩の難解さ』というのを読んで、おもしろく、納得できたので、紹介します。



 石原吉郎はすごく好きで……難解詩になるんだろうか、って考えてしまいます。自分では、そんな気がしない。石原吉郎は、直感みたいなものを大事にして書いている気がするので。表現は難解だけれど、心情とか伝えたい気持ちはシンプルだと思う。