読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  66歳 日の記し /          ☆。(´・ω・`)/ 。゜★・ ☆彡

社会の底辺で生きて来て55歳で世間と断絶を決心してから独りです。寂しいのでブログを始めました。思うことなどを書きます……仏教を生きる指針にしているのでそれも。リンクを貼らせていただくサイトの方には感謝しています。m(_ _)m

詩を作るということは

10Pに───

「かりに完全な詩の定義があるとして、われわれがそれを覚えたとしても、決していい詩が書けるわけでもなく、また、詩をより充分に鑑賞できるわけでもないということです」とあるのです。

 詩とはなにかと定義とかを紹介する前に、結論的に述べてある。

「われわれが音楽とはなにかという定義を覚えてもピアノを弾くことはできず、外科手術とはなにかという定義を覚えても、盲腸の手術はできないのと同様で……」と続く。

 

 

 そうです。

 それはわかっているのですが、この本の目次として最初に書かれるように、ぼくたちは、「詩ってなんだ」と問いかけてしまうんですね。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 たぶん、最初に、「詩を書こう」とか、「詩を書きたい」と考えて、自分なりに言葉を並べ、詩みたいなものを作っていて……

 

 それで、ある程度溜まってくると……

 

 なんか、自分で書き留めているだけでは満足しなくなってしまう。ただ自己満足的な言葉の羅列では、「こんなの、オナニーみたい」とか(後で、正確に表現すると)思ったりする。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 

 それで、誰かに見せたい、「書いた気持ちをわかってほしい」

 共感してほしい。

 こう書いてある気持ち、わかるよ、と言って欲しい。

 

──そんなふうになってしまう。

 

 

 そこで、「ふうん」とか「なんかなあ」とか、気持ちをわかってくれない反応が来るのが嫌だ……

 

 

 それは、言葉で書かれたものが持つ、限界とか、宿命とかいうべきものかもしれない。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 

 

 たいがいの『詩の作り方』などの本には──「詩とはなにか」から始まって──

 

 比喩とはなにか

 イメージとは

 想像力とは

 詩の形式

 

 あるいは表現

 

 などのことが、章立てで書かれてある。

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 他人にうまく伝わることができるには、伝えることができるには、表現を工夫しなくちゃならない。

 平坦な表面を撫でただけの表現では、人を、感動させられない。

 共感を得て、深いところまで伝えることができない。

 

 

 そのために『詩の作り方』などの本がある。

 書かれる。

 

 そして、読めば、「ああ、詩とは深いものだったんだな」と、わかる。

 

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 現代詩……

 

 詩集を出している出版社

 

 

 こういうところを見れば、素人がぐだぐだいえるようなものでなくて、「一流の詩」としてあるものが、わかる。

 

 

 

 

 ぼくには遠いけれど……いい詩を読むことができるし、詩を書くということの難しさみたいなのにも、ぶつかる。

 

 

 

 

………………     …………  ………………     …………

 

 

 うまくいえないけれど、詩を書くということは、生き方なんだ。

 

 そこが……遠くて……

 

 でも、読めるし、できれば、書きたい……