日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

底辺で生きてきて68歳になってしまいました。後悔することの多かった人生ですが、しかたがない。自分なりの仏教を信じているのでなんとかやっています。訪問していただいたことに感謝しています。ありがとうございます。

2015-07-13から1日間の記事一覧

『詩のたのしさ』を読む 1章 詩のこころ───発見のよろこび

おはようございます。 ぼくたちが詩というものをイメージするときにいちばん近いだろうと思う、村野四郎の詩の世界を学んでいます。 現代詩は、「詩はこういうもの」とういうものを否定するところで登場したので、まとまった詩論というものがありません。各…