日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。貧困や社会保障から落ちこぼれる人のために、社会が動いてくれたらいいのですが……いつも、自己中で理不尽なヤクザな強者が勝ちます。それが世の習いでしょうか? 〈自分を救うのは何か〉考えています。ネガティブなものも肯定する視点を持ちたい。いまはブログがあるので寂しくありません。訪問してくださる人に感謝しています。ありがとうございます。コメントをいただいたときは、その方のブログのコメント欄にお返事しますね。

2015-07-13から1日間の記事一覧

『詩のたのしさ』を読む 1章 詩のこころ───発見のよろこび

おはようございます。 ぼくたちが詩というものをイメージするときにいちばん近いだろうと思う、村野四郎の詩の世界を学んでいます。 現代詩は、「詩はこういうもの」とういうものを否定するところで登場したので、まとまった詩論というものがありません。各…