日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。貧困や社会保障から落ちこぼれる人のために、社会が動いてくれたらいいのですが……いつも、自己中で理不尽なヤクザな強者が勝ちます。それが世の習いでしょうか? 〈自分を救うのは何か〉考えています。ネガティブなものも肯定する視点を持ちたい。いまはブログがあるので寂しくありません。訪問してくださる人に感謝しています。ありがとうございます。コメントをいただいたときは、その方のブログのコメント欄にお返事しますね。

2015-06-22から1日間の記事一覧

『近現代詩を学ぶ人のために』10章を読む

おはようございます。 【第10章 モダニズムの言語空間】のまとめ (1 『詩と詩論』と「詩学」) 1928年9月創刊された『詩と詩論』はモダニズム詩の世界を開示した。創刊時の同人は春山行夫他11名。 これは1928年1月に創立された「詩人協会」への反発であ…