日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

社会の底辺で生きてきて68歳になりました。貧困とか社会保障から落ちこぼれる人たちのために、社会が動いてくれたらいいのですが……いつも、自己中で理不尽な強者が勝つようです。自分を救うのはなにか、考えています。ネガティブなものも肯定する視点を持ちたい。いまはブログがあるので寂しくありません。訪問してくださる人に感謝しています。ありがとうございます。コメントをいただいた場合は相手の方のブログのコメント欄に書き込むようにしています。

2015-05-13から1日間の記事一覧

『詩的レトリック入門』を読む────余白とはなにか

おはようございます。 【2章 余白論の試み】のまとめ P34 詩の出現とは、必ず(と言っていいほど)余白の出現である。 とあります。 どのように余白は生まれているか。 行替え 行間をあけることによって ……………… ……………… ……………… 詩についての質問です。自由詩…