日の記し   ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。・☆彡 ・☆

底辺で生きてきて67歳になりました。そこから見える風景や、読んだ本の感想や、検索したことなどを書きます。生きることは辛いこともありますが、何をしても生きていけるんだと思っています。仏教を生きる支えにしているので、そのことも書きたいです。リンクを貼らせていただくサイトの方々に感謝しています。

ロボット社会を想像する…… /

 おはようございます。

 今朝は寒いのですが、これで平年の気温だそうです。ラジオでいっていました。いままでが暖か過ぎたみたいです。

 

 

          *                 * 

 

 

world-fusigi.net

 のコメントを読んでいました。 ふざけているようで、みんな真剣にコメントしているんですね。

  • ロボット社会は来る?
  • 誰がロボットを管理するの?
  • 働かない人はどうなる?
  • 地球の資源が続くか?
  • 労働とはなにか?
  • 今が過渡期。
  • 中央集権、集団はどうなるのか?
  • 技術やAIで幸せになれるか?
  • 機械と人間の融合……そんな映画も。
  • 食糧危機はどうなる?
  • ロボットがやる仕事は?

 

 映画は「ゴースト・イン・ザ・シェル」――義体化というやつか。ネットの噂によると、この映画の評判はよくないようです。ハリウッドがなぜ実写化したか疑問に思う人が多いらしいです。まだ観ていませんが……ハリウッドは金がかかっているから失敗作でも「スケールが大きくていい」かも。

 

 

 20世紀にSFだとされていたものがいま実現されています。スマートフォンとか……車の自動運転ももうすぐ……世界はどんどん便利になります。交通網は整備され、ビルのメンテナンスも最適化され……でも、これは先進国の話です。

 

 世界を見ると、紛争や貧困で悩んでいる国が多い。最先端と最底辺と……両極端です。世界はこういう歪んだ形でしか進歩しないのでしょうか。

 

 

 ロボット社会は到来するでしょう。想像が膨らみます。

 自立したロボット……自分で考え作業するロボットが生まれるでしょうか? 

 それが実現すると、コメントにあるように、「効率的でない人間は削除される」社会になるのかも。

 

 効率化を優先すると、人間の効率化も始まるでしょう。人間がロボット化する。だんだんそうなっていくのかも……

 未来の社会を構想するときに、ロボットをどう捉えるか、何を実現したいのかが問題になるのでしょう。効率化や合理化でなく、人間的なものを優先してほしいです。

 

 ぼくは〈働かなくて住む社会〉を切望しています。働くということは、ぼくの体験では〈労働の疎外〉の状態を受け入れることですから……自分で好きな作品を作る、ような人間的な労働なら喜んでするんですが。

 

 

          *                 * 

 

 

 人間は大概の問題を、技術の進歩や発明で解決してゆくでしょうが、相手が人間でなくてはできない問題があります。

 セックス――はなくならないでしょう。

 技術の進んでも、男と女という性がある限り、なくならない。もともと人間は動物なので――それは子育てにつながる人間的な愛の表現――ロボットは子育てしませんから。

 

 しかし、先進国では少子化の傾向が続いています。

 ある程度の便利さや効率化や合理化が進むと、そうなるのは当然なのです。

 いまは過渡期――

 便利で、効率的なものに取り囲まれていて、それに従っていればべつに不満の持ちようがない……そんな社会では「なぜ、子どもを育てるような苦労をする必要があるの?」という考えが生まれるのは当然だと思うんです。

 自分がいま〈快適〉なのに、わざわざこれを壊す理由がない、そう考える人が増えてしまう。

 

 裏を返せば、自我の快適さを守っている、ということなんだと思います。社会が効率的に合理的になり過ぎて、そこからはみ出すものを許さないからでしょう。そういうことを敏感に感じている若い世代が、子どもを生むリスクを取ろうとしない。

 

 少子化は社会の問題ですが、一人一人の人間には〈恋愛とセックス〉が最大の問題で、人生の課題です。ぼくのように課題に失敗した者がいうべきことではないですが……(^_^;)

 

 

 人が人である限り、愛につながるなにかが必要なんでしょうね。

 ロボット社会を実現することは社会が考えるでしょう。

 個人にとっては、どのようにすると愛するものに出会えるのか、が大問題です。

 

  

 

 

………………     ………………     ………………     …………………

 

 読んでいただいて、ありがとうございました。

 誰もが穏やかで、幸せでありますように。