日の記し ★ヾ(´・ω・`)ノ.: 。☆彡 ・☆

69歳のいまも……人生、後悔することばかりです。世の中がなぜこうなのかもわかっていない。世間には本音と建前があるのは知っているけれど……ほんとうのことを知りたい。WEBは巨大な辞書で、玉石混交ですが、検索してみます。訪問していただいて、感謝しています。ありがとう。

「れいわ新選組」に思ったこと

 おはようございます。

 ラジオ体操に行くために着替えたのだけれど、雨が降るかもしれない。それなら途中で帰って来ます。何事も努力が必要ですよね。備えも。 

 

 

 

         …………      …………      ………… 

  

 今日は20日なのですが、「れいわ新選組」について思うことを書きます。

 

 参議院選挙って静かなんですね。選挙カーも回ってこない。衆議院選と違う。 参議院政権選択選挙ではないからでしょうか?

 

 

「れいわ新選組」のパフォーマンス

 20日の産経にこんな記事が出ていました。

「れいわ新選組」には興味がありました、その選挙運動のやり方についてですね。 

www.sankei.com

 街頭演説にはSNS(会員制交流サイト)などを通じて多くの聴衆が集まり、4月の結成から募ってきた寄付金は3億円を超えた。

 山本太郎さんは役者だったので演説がうまい。表情が豊かです。人を惹きつける。若者からの支持を受けるのは当然みたいに思う。

公明党関係者は「正直、むちゃくちゃな政策だと思うが、動画などを見て説明を聞くと一定の合理性を感じてしまう」と複雑な心境を語る。

 

 これがいちばんのパフォーマンスでしょう……

比例代表で優先的に当選できる「特定枠」の1位に難病「筋萎縮性側索硬化症」(ALS)の患者、2位に重度障害を持つ候補をそれぞれ充てた。

  もし、当選したとして、この人たちが過酷な政治の活動に耐えられるのか――耐えられる体力があるのか。(これは差別で言うのではありません。体力の問題は心配りしなければならないことです)

 国会の質問、答弁の時間は長い。開会の長い期間、耐えられるか。障碍に障らないか……また、質問できる機会が与えられたとして……介護の体制はどうするか。国会には障碍者をサポートする体制を検討する義務があります。

 

 山本太郎さんは楽天的に考えられているようですが、軽く見過ぎていませんか。国会の設備を整えれば十分なのでしょうか。慎重に、注意深く細かいとことまで考えなければならないでしょう。そうすることがないと、障碍者の権利も守れない。いまの国会の体制では、車いすで移動可能な障碍者は受け入れられるでしょうが、重度の障碍者を受け入れる態勢になっていないようです。

 

 重度障碍者が立候補したことはすばらしいことです。

 たぶん当選されると思うので、設備を改修するまでの不便に耐える体力や覚悟があるかどうか……

 体力があって活動できることが、政治の業界ではいちばん重要なことだと思います。そうでないと国民の負託を受けて活躍することもできないからです。

 

  立候補して政治家になることが目標ではなくて、政治家になって〈何をするか〉が重要です。

 

「れいわ新選組」の公約

v.reiwa-shinsengumi.com

「消費税の廃止」は、庶民なら誰もが望むことです。

 ただ難問でしょうね。財務省官僚は何十年もかけて消費税を導入し、隙を見てパーセントを上げてきたのです。彼らが従うでしょうか? 〈税金を取る〉というのは彼らの既得権で、アイデンティティなので、変えるのは相当難しい。

 

 政治家よりも実権を持っているのが官僚です。役人がいないと実際、物事を進めることができません。政治家はころころ変わるが、上級公務員である官僚は変わらない。一生、自分が専門とする仕事をするのです。どんなに時代が変わっても、実務をとるのは役人たちです。だから強い。

 

 現実を動かしているのは役人たちです。

 役人は〈ことなかれ主義〉です。改革をいちばん嫌がります。

 既得権もそう。自分たちに必要だから、守る。そうでなければなぜ苦労して役人になったのかわかりません。国益より、自分の既得権を守りたい。これは言い過ぎですか。偏見でしょうか。 そういう現実ではないですか。

 

 

           *            *

 

 理想的過ぎて……

 公約は庶民の願望を並べたようで魅力的です。ただ、「実現できないだろう」と。現実は過酷で、人が思うようにはなりません。理想は大事ですけれど…… 

 公約があまりに理想的過ぎると、かえって、「良いことを言うけれど、現実的には無理だな」と思う人がいて……パフォーマンスとして受け取られるのでは……

 

 じっさい、ぼくは、山本太郎さんのやり方は「大袈裟な身振り」の〈正論〉と「偏狭な正義観」の〈弱者視点〉で、相手を揺さぶり飲み込んでしまうパフォーマンスのような気がするのです。

 

 夢を持つことは大切ですが……、世の中は、闇だらけで、正義は通用しないと思っています。ずるい者が勝ったりします。あつかましい奴が権力を取るのが現実です。人を利用する者が優位な立場に立つ……

 

 判断基準は、「何を言っているか」ではなく、「何をしているか」です。

 


           *            *

 

 山本太郎さんが初当選した時は、中核派が支持していました――いまは、どうなのか知りませんが……公約は全体的にサヨクと保守のいいとこ取りです。政治は表面の飾った言葉だけではわからない。かってテレビ出演した時に「竹島は韓国にあげたらいい」と言ったこともあります。

www.youtube.com

 日本がだらしないからといって、相手に領土を「あげてしまえ」というのは、暴論です。

 公約など、きれいな言葉が並びますが、その裏の隠された意味を考えなければならないでしょう。 

 

 

           *            *

 

www.youtube.com

 

 ブームを巻き起こせるか。

 21日に、選挙「結果」が出ます。それが国民の「答え」なのでしょう。 

 

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

mainichi.jp

www.sankei.com

 

 当選、おめでとうございます。 

 重度障害者が政治家になって行動するのは画期的なことなので、途中で辞退するようなことにならないように願っています。がんばってください。

 

 

 

…………       …………      …………      ………… 

 

 

 

 

       リンクを貼らせていただいたサイトの方にお礼申し上げます

…………       …………      …………      ………… 

 

   読んでいただいて、ありがとうございました。

   すべて穏やかで、誰もが幸せでありますように。